フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

給料日前カウントダウンメニュー②理想のキーマ・カレー

今日はちょっと夏らしく。

・夏野菜と豆のキーマ・カレー
・小松菜のオリーブガーリック炒め

今日は、夫が朝出るときに予告した時間より30分も早く帰宅。 うー。何もしてないし…と焦りながら慌てて作った夕食。しかしカレーはすごい。何もない状態からでも、結構ボリュームのあるメインができあがる!
キーマカレー」はさらに早くて作りやすいということがわかった。 玉ねぎもにんじんも具材はすべてみじん切りにするうえ、ひき肉を使うのであっという間に火が通る。それぞれの食材の持ち味も 短時間で引き出されるような。

今日は、昨日に引き続き予算リミットがあるので また代用食材フル攻めっ!
・ひき肉の分量が半量たりない⇒サラダビーンズの缶詰
・トマトジュース小1本(そんなもの急にないー!)⇒トマト1個ザク切り+水+ケチャップ
・冷凍グリーンピース⇒とりあえず「緑」のものを、でズッキーニの残り1/2本をさいの目切りに
・カレー粉⇒市販のカレールーの残り2片分だけ使う

カレーなべのとなりでル・クルーゼでごはんを炊き、ごはんができたらすぐに別のなべに入れかえて小松菜をつぶしたにんにくとオリーブオイルで炒める。 というより、材料を全部入れたら、ふたをして5分くらい蒸す感じ。
その間にカレーを仕上げて、全部一緒に出せた。 このキーマカレーは短時間ながらもなかなかまろやかなコクがあり、おいしくできて夫にも好評でした。安くて早くておいしい。特に給料日前に理想的なメニューです。

「夏野菜と豆のキーマカレー10分レシピ」
<2人分>
1.にんにく、しょうが1片分をすりおろす。サラダオイル少量で弱火で炒める。 その間に、にんじん1/2本と玉ねぎ1/2個を1cmくらいの角切りにして、バーミックスに10秒程度かけてみじん切りにする(なければ包丁でこまかく切る)。
2.たまねぎ、にんじんを①に入れ、しんなりして水分が少し出るまで炒める。 その間に、ズッキーニ1/2本をさいの目切りにして、トマトをざく切りにしておく。
3.合いびき肉100gを①に加えて色が変わるまでいため、カレールウ2片、塩こしょう少々、赤唐辛子1本(タネを取ってちぎる)、水1カップ弱、②のトマトとズッキーニ、豆の缶詰(小1缶)を入れて軽く炒め、砂糖小さじ1/2、トマトケチャップ大2を入れてふたをして弱火で10分煮込む。 しょうゆ小1と、あればガラムマサラ小1/2を入れ、味をみて塩・こしょうで調節してできあがり。