食の取材歴20年のフードライターです。日々レストランとレシピを探求中です。イタリアンと魚が好き。

おうち坦々麺と甜麺醤(テンメンジャン)の行方

_blog_8■ものすごーく食べたくなって作りました。坦々麺。
ときどき発作的に食べたくなる。ラーメンも家で作るとスープと麺のゆであげのタイミング合わせるのが大変ですが、坦々麺はこの上にかける、甘辛い「肉味噌」も作らなきゃいけないのでさらに大変(。>0<。)

■スープも、練りごまを溶かしたり(またこの練りごまが、たいていとても固い)、酢やら砂糖やら微妙な配合で作ったり・ ・ ・ と、本当にどこまでも手間がかかる。料理中毒の私ですら、ちょっと作るまでにブルーになる?(笑)メニューです。

■でも素晴らしくおいしい。まろやかなごま風味、炒めたねぎ、しょうが、にんにくと、甜麺醤(テンメンジャン)で甘辛く炒めつけた肉味噌、中華めんの三重奏、たまりません・ ・ ・┗(^o^)┛考えた中国の人、すごいなぁ。

■しかし甜麺醤ってなかなか使う機会がない調味料でちょっと困ります。でも坦々麺のあの甘みは、これじゃないと絶対に出せないのだ。
あと思いつくのは北京ダックの皮に付ける?とか。まあ味噌だから、長期間冷蔵庫で保存しても問題ないのでしょうけど、どうすればいいんでしょうねぇ。

読んだ最後に、クリックしてもらうと嬉しいです(^o^)
↓↓↓

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー