食の取材歴20年のフードライターです。日々レストランとレシピを探求中です。イタリアンと魚が好き。

「自家製冷やし中華」をお弁当にする方法/GAPのホスピタリティに感激

■今日も表参道出動日。今日はお弁当にしました。で、暑くって、「そうだ『冷たい』お弁当作ろう!」と前日に思い立ったのがこれ。我ながらナイスなアイデア!でしょ?

__blog■きゅうりを細切り、えびを塩ゆで、豚薄切り肉をしゃぶしゃぶに。えびと豚肉は、前日の夕飯の準備をしながら、野菜をゆでたときの余ったお湯を捨てずに活用し、さっとゆでておきました。えびも豚も、「グラグラ沸いた湯に入れ、色が変わったら湯からあげる」が目安です。ゆでる順番は、野菜→えび→豚の順なら問題なし┗(^o^)┛
えびをゆでる際にその湯に塩ひとつまみを入れ、豚の前に酒少々を入れると、どちらもちょこっと塩気がつき、かつ豚はやわらかく仕上がります。プチトマトはお弁当には切って入れると菌が増えやすいと聞いたので、丸のままで。たれは別持ち。「食べるラー油」の空き瓶が、一人分のたれ量にぴったりでした。たれは干しえびのだしをきかせて、甘すっぱ辛く仕上げた私のオリジナルレシピ・・・・・・・なのですが、これは料理教室でいつかやりたいと思っているものなので、今回は非公開で。ごめんなさいm(_ _)m

■そして、通勤時にはお弁当専用の保冷バックに保冷剤付きで入れて持参。職場の冷蔵庫をお借りし、ランチ時まで入れておきます。食べる直前にさっとたれをかける。最初からかけてしまうと、麺がたれをしみこんで塩辛くなるし、野菜からも水気が出てしまうので。お弁当時のたれ・ソースは別持ち、これ鉄則ね。そして食べると本当に野菜、具材たっぷり、麺も自分の好きなタイミングでゆであげたものなので本当に満足~~\(^o^)/ 「冷たい麺」弁当、また新メニュー考えてここでアップします。
******************************************
■本日もう1個の話。
先日、GAPでブラウスを買ったのです。素材がやわらかくて着やすくてしかも安い、大好きなGAP。組み合わせ次第で、まったくそんな値段だと思えない商品もたくさんあり、私結構「GAPのプロ」を自認してます(笑)

■って、私GAPと直接のご関係はないのでまあいいんですが(^-^; その買ったブラウスが、着てたら知らないうちにボタンが1個取れてしまった。しかしそれはゆるくなっているのに気づかなかった私のフォルトなので、別にクレームじゃなく「ボタンが取れてしまったのだけど、どうすればいいでしょう。ちょっと変わったボタンでどこにもないのです」と買った店に商品を持って行き、そのまま伝えました。そうしたら「それはこちらの不備なので、すぐに当店持ちで修理します!」と。とても親切に言っていただけて感激しました。そのシャツを預け、3日くらいで修理して自宅まで送ってもらえるとのこと。安い上にこのホスピタリティ!また処理も迅速で。すごい(゚ー゚)

■そして、今回学んだこと、むやみに常識を越えてクレームするのはよいことではないけれど、トラブルがあった場合は買った店に冷静に相談するのは大事だなと。
どうせ安いから何を言っても無駄だろうと思ってあきらめたら、そのシャツも着る気が失せてゴミになってしまっただろうし。なにげなく相談したことで元通り着られるようになった。よかったです\(^o^)/
******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー