フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

自家製担々麺と『麺』

■先日、六本木でおいしい担々麺を食べた話を書きましたが(『ダイエッターが担々麺を食べるなら』)、ある昼時、自分でもまた作ってみました。冷凍しておいた手作りの肉味噌、練りごまとすりごま、酢、鶏がらスープなどを混ぜて熱々に温めて。

Blog__131205
■さっと塩ゆでした青梗菜(これ必須!)とゆでた生麺を入れたらできあがり。最後に市販の「食べられるラー油」を少しだけ落とします。
自分で作る担々麺は、薄味で「パンチ」や「インパクト」はそれほど強くないですが、しみじみ、ごまのじわーっとした深い甘みが味わえて、これはこれですごーくおいしいもの(だと思う)。

___131205
■麺はこれ使いました。近所のスーパーで、1玉100円くらいでよく売ってるもの。やわらかめなんだけど最後にちょっとだけコシがあり、すごくこの自家製担々スープと合います。
できればすべて使わず、8割量くらいにとどめておくとダイエッター的にはベストな量です。ラーメンやパスタの麺料理は高カロリーと言われるけど、実は麺単体のカロリーが大部分を占めているので。おなか空きながら作ると、なかなかその勇気持てないけど…(^-^;
詳細レシピは、整理したらアップします!

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>