フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライター。読書と食べることが好きで仕事になりました。取材やプライベートで訪れてよかった店(合わなかった店は書きません)、気に入った食材、私のレシピ、フードライターの日常などを書いています(仕事の実績はプロフィールを)。

つけ麺をよりおいしく

先日、家で昼ごはんに作った「つけ麺」。Image1_4 市販の「つけ麺」セット、たくさん売っていますが セット売りしている麺があまり好きでないのです。 私は「つけ麺用のたれ」と「麺」は別々に買います。 その方がおいしいような気がして。 なんででしょうか・・・

スーパーにはいろんな種類の別売り麺がありますが、 つけ麺用には太めのちぢれタイプが合うと思います。

そして「たれ」の方ですが、袋の裏には 「そのままお湯で薄めて」と書いてありますが、 これは単純なお湯よりも、小鍋に水と昆布を入れ、 にんじんや大根などの根菜を入れ、 5分くらい煮込んだ即席だしスープで割る方が 断然おいしい。

私はさらに、ここに「洗った」卵を入れ(!)、野菜と一緒に 3-4分煮込んで同時に超半熟ゆで卵も作ってしまいます。

麺をゆでるお湯を、また別鍋で沸かさなければいけないのが少々手間ではありますが、 ラーメンやつけ麺って、野菜や卵を食べながら麺を食べると ものすごく満たされた気持ちになるのでおすすめです。

食べ合わせダイエットの基本も、たしか 「麺より野菜から食べるとよい」だったような・・・。 夏はつけ麺ですねー。