食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

正月料理のシメは…その②デニッシュ風栗きんとん

_blog_2■昨日に続き、また正月料理のアレンジです。
栗きんとんも子供のころは大好きで、三が日明けて4日や5日に入ってもまだ食べていた気がするのだけど…もうこちらも、今年は元日にちょこっとひと口食べると十分、と思ってしまいました。
年を取るってちょっと悲しい・・・(。>0<。)

■しかし父と二人でたっぷり作り、残っているきんとん。これも洋風転換!と考えたのがこれ、デニッシュ風きんとん」。パン屋さんで並んでいる栗のデニッシュをイメージ。
トーストにバター(できれば無塩)を薄くぬり、きんとんもへらなどでできるだけフラットにぬり、栗はきざんでのせ、シナモンをふってさらにバターを少量ちぎって落としてこんがりトースターで焼く。

■バターが、あの和風の単純な甘みを洋風のトーストへとつないでくれますね。きんとんは甘すぎるくらいがこのレシピには合います。さらにホットミルクやミルクティーも飲みたくなり、おせちが牛乳へとつながるから本当に不思議。料理は面白いなぁw(゚o゚)w

読んだしるしに、ワンクリックお願いします!
↓↓↓


ブログへの訪問、いつもありがとうございますm(_ _)m

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー