食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

本日のフードライター弁当:「鶏と里芋のカレーピラフ弁当」

_blog■月曜日、本日も出版社でお仕事なので、弁当持参。
鶏と里芋のカレーピラフ弁当」。今日も妹と約束しているので二人分です。

■前夜に鶏もも肉と里芋をカレー粉、塩などマリネ液に漬け込んでおいて、朝起きてすぐ炊く。
その間にブロッコリーをゆでたり、トマトを切ったり副菜のサラダを準備。もう一つの副菜は「きのこのしょうが麺つゆ蒸し」です。
カレーピラフが炊けたら急いで弁当箱に詰めて、冷ます間にメイクと着替え。

■自分が作ったものを外で食べられるのは結構よいので、弁当を作ることは苦じゃないのだけど、週数回とはいえ、毎朝出勤するのって本当に大変・ ・ ・でもほとんどの人が学校を卒業して、リタイアするまで何十年もその生活を続けるわけで。
これでさらに主婦業、家事がのしかかると、本当に大変な労力です。
ご飯をちゃんと作ろうとすると、掃除がおろそかになり、掃除を手を抜かずにやると、体力がなくなってとてもちゃんとご飯を作れなくなる(というより、疲れすぎて献立が思い浮かばない)。
夫にやってもらいたいけど、私より長時間会社員している夫が主夫になっちゃったら、家が回らなくなるし・ ・ ・このスパイラル、どうすりゃいいのでしょうね??

読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー