食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

出張

保存版!浅野流・国内出張をできるだけ快適にこなす方法(チケット予約と座席編)

先週は弾丸で博多・岡山に取材出張に行ってきました。昨年から「海のエコラベル」の取材のお手伝いをするようになり、出張が圧倒的に増え、私なりの「国内出張ができるだけ快適になるコツ」が結構たまってきたので書きます!出張や、プライベートで国内旅行に行くときも役に立つのではと思います。 新幹線は「えきねっと…

ネイル

本当に便利な時代になりました…そしてプロの料理人とネイルに関する時代の変遷について。

「あなたの体の一番の自慢パーツは?」と聞かれたら、私は即答できる(いきなり何を言い出すんだ)。それは「手」。手の皮膚が丈夫、っていう意味なんですが、今日は「プロの料理人と手(爪)」の話をしたかったので・・・変な導入すみません。 ネイルとビジネスマン ネイルは働く女性に必要か?私も一時はネイルサロ…

アットマーク

無料ブログ(ココログ)からWordPressへ引っ越して丸1年、運用結果と収支、使用感をまとめます(使ったお金と売上編)

前回の続きです。なぜ、無料のココログからあえて手間のかかるWordPressにしたか、やっぱり「ブログで稼ぎたい」ためです。でもブログで収入を得ることは、1年やってみてほんっとーーーーに難しい!ブログ運営で出て行くお金ばっかり!でも、初年度は圧倒的に人脈が広がり、世界も広がりました。 最初は勝手が…

WordPress

無料ブログ(ココログ)からWordPressへ引っ越して丸1年、運用結果と収支、使用感をまとめます(まずはやってみた編)

2006年から10年間書いてきたココログから、WordPressに引っ越して丸1年たちました。20年間出版業界どっぷり、パソコンは使い慣れているけれど構造がわかっていない私には、つらいときもありましたが…やっぱりWordPressはやってみた方がいい。これから挑戦したい人に向けて書きます。 「お膳…

テーブルフラワー

「食卓に花が一本でもあると映える」のは知ってるが、素人が知りたいのは予算とか極力長持ちさせる方法とか、もっと具体的なこと。

「お客さまを迎えるときはお花も準備しましょう。一本でもあると空間が華やぎます」と本や雑誌に買いてある。でも花屋さんで一生懸命買って準備しても、お金がかかるばっかりでなんか変なのです。同じ疑問を抱えてきた、私のような「お花の素人」って多いんじゃないかな? 「週末ゲスト用」に手っ取り早く王道だけ知りた…

一眼レフ

カメラまわりの小物は値段や知名度より「メーカーの対応」が重要。背筋が凍った2つの事件について。

前回に続きまたカメラ話で恐縮です。「神対応」って言葉が変な造語の代表格みたいで苦手だったのですが、その言葉を体感するカメラまわりの事件が2つも起きたときの話です。 知名度は低めだが評価は高い 一眼レフカメラはボディ(本体)とレンズを別々に買います。「ボディ+標準レンズ」にするのが王道ですが、私は…

IKEA レストラン

美しい料理写真は誰でも撮れる。「グーッと寄って、にっぱち、自然光」、そしてグラビアカメラマンになりきる

このブログの写真はほぼすべて、特に料理の写真は私がスマホと一眼レフで撮ったものです。いまフードライターは「原稿と写真両方納品」という仕事が増えて必死です。 しかし仕事でなくても、みんなレストランやいろんな場面で料理写真を撮ってますが、「どうもうまく撮れない」と悩んでいる。「こうすればもっとよく…

シロノニワ

「いいお店をよく知らないけどデートや幹事でいきなり尊敬されたい人」に、フードライターとしてすすめるのは山手線内の・・・

この仕事を始めて約20年、「お店を予約することになっちゃって、何軒か教えてくれない?」とよく相談されます。料理誌の編集者のみなさんも同じようで「オレは人間ぐるなびじゃないっ!」と思いつつがんばってリスト作っちゃう、と言ってます。 私も、昔からの友人にはいいお店をすすめたいので、本当に考えてリ…

ファッション

「フリーランスは見た目(=着ているもの)が100%」。自分に似合う服の選び方のコツも。

秋冬用の洋服をごっそり購入中。私は昔、出版社の社員で「仕事をお願いする側」だった時代もあり、フリーランスは「見た目(着ているもの)」で新しい仕事をもらえるかが決まると思っています。自分プロデュースがうまくできてない人には、仕事も頼みにくい。私は「食の人」でファッションは趣味ですが、限られた予算でぴっ…

意外とやっている人多いけれど、それ絶対やめてほしい!あらためて「フランス料理・イタリア料理の正しいテーブルマナー」解説します

先日、ビジネスランチをしていて「あー…それやっちゃダメなのにー」とこっそり思うことがありました。日本ではテーブルマナーをしっかり習う機会がないから、仕方ないけれど…フレンチ・イタリアンでの正しい食べ方、あらためて解説します! 日本では「箸の持ち方」にはやたらうるさいのに… ミシュランガイ…

カテゴリー

バックナンバー