フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライター。読書と食べることが好きで仕事になりました。取材やプライベートで訪れてよかった店(合わなかった店は書きません)、気に入った食材、私のレシピ、フードライターの日常などを書いています(仕事の実績はプロフィールを)。

世界中の高級レストランを“エア美食”できる映画『99分,世界美味めぐり』

Foodies_99min_151128_2
■来年1月30日公開の映画『99分,世界美味めぐり』をひと足先に、試写会で見させていただきました。ご招待くださった関係者のみなさま、ありがとうございました<(^0^)><(^0^)>

Img_779799min_151128
■配給はKADOKAWAさんです。このローマ字表記になった後、先月ドワンゴと社名をシンクロさせた「カドカワ株式会社」にさらに社名変更されたそうですが、ビルの表示は一番元の漢字のままでした(^0^)

Img_779899min_151128
■試写室へ。

Img_779999min_151128

■入り口近くには、カドカワが出版している雑誌なども。

Img_780399min_151128
■始まりました!映画会社の試写室は、シートの大きさは映画館とまったく同じ。会社のビルの中に入っているミニ映画館という感じで楽しい。

■映画の内容です(公式サイトより)※予告動画も観られます。
******************
〈食べる〉を極める美食家たちに導かれて、地球の果てまで旅す る至高のグルメ・エンタテインメント!

世界中に点在するミシュラン星付きレストラン、その取材お断りの店にまで、初めてカメラが入った!スクリーンに映し出されるのは、超一流シェフ入魂の撮影厳禁の料理の数々。なぜ、こんなことが許されたのか? それはレストランへの案内役を務める5人のおかげ。最高のレストランを求めて地球を駆け巡る彼らは“フ ーディーズ”と呼ばれ、SNS を駆使して情報を発信している。なかでも本作に登場する 5 人は現在、美食家 の最高峰と称えられ、カリスマシェフからの信頼も厚く、どんな予約困難なレストランでも、たちどころに 席を確保するのだ。そんな彼らが研ぎ澄まされた五感を使って味わうのは、ニューヨーク、コペンハーゲン などのこれが料理!?と驚く斬新な盛り付けの最先端のひと皿から、中国の山奥の悠久の歴史が凝縮した料理 まで。
さあ、あなたも日常を離れ、99分の至高の美味巡りの旅へー!

******************

99min_151128
■5人の著名フード・ブロガー(3人が欧米人、2人がタイ人男性と香港人の女性)がパリ、NY、香港、北欧、東京…と世界中の高級店で料理を食べ、写真を撮り、厨房に入ってシェフと激論を闘わせる様子を描いたフード・ドキュメンタリー映画

ピエール・ガニエールなどパリの三ツ星店から日本の菊の井、鮨さいとう含む東京の名店も出てきます。食べることが好き、特に毎年ミシュランガイドの発表をチェックするような、高級グルメが好きな人にはたまらない映画です。単純に「おいしそう」を超えて、アートのような芸術的に盛り付けされた料理が次々と登場。まさに「エア世界旅行」と「エア美食」が堪能できる映画です。

Sub199min_151128
■ブロガー5人の中には、「美食家界の重鎮」的ちょっと年齢高めのおじさまも2人いるけど、3人は若い人。彼らは親の援助を受けたり、自分で働いて給料を貯めては次の高級店を求めて旅する、という形で自分のブログで発信を続けています。都市をまたぎ、国をまたぎ…美食のため世界中を渡り歩きますが、飛行機代、飲食代はすべて自腹。究極のフード・ブロガーですねヽ(´▽`)/

Sub299min_151128
■こういう生活はいいな、と見ていて誰でも思うけれど、ふと思うとネットの力で今の時代、本当に行動力と根性があって、やろうと思えば誰でもできるんですよね。ブログはいつでも無料で始められるし自由にアップできるから、誰にでも均等にチャンスがある。
映画の中で、あるシェフが「彼ら(ブロガーたち)は新時代のジャーナリストだ」と言う場面がありましたが、本当にそう。パソコンとネットにつながる環境さえあれば、誰でもジャーナリストになれる。その時代に大人のいい年齢でいま生きられていること、あらためて再確認してとても幸せに思いました。

■あとおじさまブロガーの一人が「我々の、世界の美食を求めて旅するという行動を『この食料不足、環境問題が叫ばれている時代に不謹慎だ』と批判する人がいるが、音楽好きが本場のオペラを聴きに飛行機に乗るのとどこか違うんだ!」と怒り狂うシーンがあり、それもなるほどと。日本でも「この食べ物もったいないな」と思う場面が日常的にあるけれど、そのもったいないものを、いま「食糧難で困っている誰か」に即座に届けることはできない。
また、シーズン毎に流行の新しいファッションを求めるのも、車好きが新車に買い換えるのも、莫大な量の電気を消費するテーマパークで1日遊ぶのもすべてもったいないの域に入るけど、そんなに批判されない。食ってとにかくみんな過敏に意見しますよね。

■おいしそうな料理の数々や、世界中の風景も見ながら、いろんなことを考えた99分でした。やっぱり映画を観ることって脳内ストレッチ(^0^)ありがとうございました。

『99分,世界美味めぐり』 (2016年1月30日より公開)

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>