フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライター。読書と食べることが好きで仕事になりました。取材やプライベートで訪れてよかった店(合わなかった店は書きません)、気に入った食材、私のレシピ、フードライターの日常などを書いています(仕事の実績はプロフィールを)。

焼きとうもろこしのよるイチカレー:フードスタイリスト・マロンさんの手作りカレーイベントにて

■私が料理の世界で最も敬愛する人……それは、マロンさん!現在はタレントとしてもご活躍中ですが、やっぱりプロの料理家としてマロンさんの考えるレシピ、料理は本当に素晴らしいと思う。まだこの仕事をしていなかった10年以上前、主婦としてマロンさんのレシピ本を見て作って、「こんなにも繊細で洗練されて、でも温かみのある味が私でも、しかもうちのキッチンでも作れるんだ!」と衝撃を受けた日。私のマロンさん愛は海よりも深い(゚ー゚) フリーになってから「マロンさん大好きなんです!」と言いまわっては編集者など、仕事関係の皆さまから若干ひかれてましたが、最近はすっかり「マロンさん好きの浅野」として浸透してます(^-^;

Photo ■と、それで覚えていてくださり、デザイン事務所フレーズの代表、大薮胤美さんにマロンさん自らが作るカレーを食べられるイベント」@中目黒に誘ってくださったのです(T_T) ああ嬉しや。大薮さんは最新の料理書・児童書のデザインを数えきれないくらい多く常時手がけられ、「妊婦食堂」も素敵に仕上げてくださった方。そんな忙しい方なのに、私のつぶやきをずーっと覚えていてくださり、本当に本当にありがとうございます<( )><( )> T ■ということで、先月のある日曜日、会場の中目黒のダイニングバー「箱庭」へ。カウンターメインの小さなダイニングが、人と熱気でムンムンしてます。料理研究家きじまりゅうたさんデザインのTシャツ(その後、ご本人ともお会いしました\(^o^)/)。

Photo_2 ■そして厨房には、うおー……マロンさん!あのじきじきに作るカレーが食べられるとは(T_T)

Photo_3 ■会場の方々と談笑。マロンさん楽しそうです。

Photo_4 ■当日のメニューはこのような感じ。よるイチカレー!!!

Photo_5 ■ドリンクメニューもあります。緊張と興奮で、のどが渇いて白ワインを。あれ、いつものダイエットどうした?いんや、今日は1年の中で最大級の「ハレの日」。今日はもう言ってられぬ!(゚▽゚*)

Photo_6 ■人の熱気の中、マロンさんのカレー登場!左上に添えてあるのは、ねっとりまろやか「みそ漬け卵」。もう盛り付け、食材の選び方、素敵、かわいい(≧∇≦) ドライカレータイプ。食べてみると組み合わせた複数のスパイスがそれぞれしっかり効いて、カレーソースとしての味のまとまり感はもちろん、野菜や豆の適度な歯ごたえもまた辛いひき肉とぴったりで。(と書きつつ、実は味わうより、場の雰囲気、マロンさんとの共有空間に興奮しすぎてました)。

Photo_7 ■人がさらに増えてきたので、カレーをいただき、少し飲んだ後、最後にマロンさんに挨拶をして大薮さんと帰りました。実は、マロンさんと実際にお会いするのは2回目。4年くらい前、一度エル・ア・ターブル誌の取材で、私マロンさんの記事を書かせてもらっているのです。あの時も興奮したなぁ・・・。その話をしたら覚えていてくださり、「でもずいぶん前よね?またお仕事しましょうね!」と。ハイ、もちろん!ぜひ!ゼッタイ!

■というわけでテンション高すぎて酔いそうだった最高に幸せなイベント、後にしたのでした。思えばわたし、「マロンさんに会う」のが、フリーになって仕事を始めた時の何よりの目標だった。夢は思って、周りに(ひかれながらも?)言い続けるとかなうんですねー。しかも2回も。どんなことでも、あきらめないで思い続けたいですね。 幸せすぎるイベントにさそってくださった大薮さん、ご主人も本当にありがとうございました\(^o^)/ 大薮さんともまたお仕事できるように、がんばって企画考えます!

■おまけです、最後に私を覚醒したマロンさん本2冊。 「マロンのマジッククッキング!―おいしいひと皿ができました (講談社のお料理BOOK)

■「板井定食―フードスタイリスト「マロン」の30の定食スタイル

****************** 読んだ後に、クリックでぜひ応援お願いします>( )< ↓↓↓