フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]じーめーる.comへ

マイ・フランス料理ブーム

久しぶりの更新になってしまいました。


先日、お手製のフレンチメニューをいただく機会が重なり、

それをきっかけに私のなかでフランス料理ブームが起きております。

フレンチって、こんなにいいものだったんだ・・・と。


プライベートでも、取材でも何度も食べたフレンチですが、

しかし感動するほど味のよい店は、本当に高い。そして量が多い。


私は人よりかなり食いしん坊ではあります。

しかしあまり1回で大量に食べられないたちで、フレンチの店で前菜から始まり、

立て続けにコース料理が運ばれて最後のデザートも2~3品、と来るともう勘弁…

いつも心の中で悲鳴を上げたくなる。

そしてお会計は星付きの店だと、一人25000円超というときなどザラ。


まあオペラとか、歌舞伎を観に行くのと同じ感覚で楽しまなきゃいけないんでしょうが・・・


高級な食材、工夫も技法もいろいろこらしてくれているけど、

胃のキャパを超えた皿がやたら提供され、そして目が飛び出るほど高い、というのが

正直、フランス料理に対する私の印象でありました。


でも先日いただいたお手製のメニューは見た目も素敵で

どれもすんなり胃におさまり、心から満足しました。

あ、家で量を調節しながら作ればこんなにいいものなんだ、と。


ちょっとおうちで作れるフレンチメニューを、

いろいろ研究してみようと思うこの頃です。