食の取材歴19年のフードライター。レストランとレシピ研究に人生賭けてます。イタリアンと魚が特に好き。

GW直後から始めたランニング生活も、もうすぐ4カ月となります。

月:60分歩き
火:休み
水:90分歩き
木:休み

金:60分歩き
土:60分走り
日:90分走り。

このプログラムを、「可能な限りこなす」というスタンスで、4か月経ちます。 これはリクルートの元監督、金哲彦さんのランニング本に書いてあるメニューです。

いやー、飽きっぽい私にしては、よくここまで続きました。 しかし私は「3日坊主」ならず「4か月坊主」で、筋トレなど多々いろいろなものを 過去にギブアップしてきた経緯があり、今回こそは魔の4か月越えを果たしたいと 思っています。

今日も、メニューどおり60分走ってきました。 正確にはところどころ休み(歩き)が入るのでフルランではないのですが、 今日は、まる40分しっかり休まず走れたので、すごく達成感がありました。

私にはなでしこジャパン・鮫島選手の「女の子走り」が合っているようで、 ワイドショーなどで報道されていた鮫島選手の走り方をイメージすると 疲れずラクに、ながーく走り続けれらます。 上半身の力をできるだけぶらぶらに抜いて、逆に丹田(おへそ5センチ下)には 力を入れ、骨盤を回転させながら足を(つま先ではなく)ももから前へ前へと出す方法です。

歩きと走りのいいところは、何といっても終わった後「スカッと」するところです。 体の中の血液が、古いのが一回どこかに抜けて、新しいフレッシュな血で たっぷり満たされたような、不思議な快感が絶対、毎回感じられます。 仕事の料理をやっていても楽しいし、趣味のテニスも爽快感はあるのですが、 ウォーク&ランのスカッと感はどれとも違って「イイ」のです。

金哲彦本によると、「ランニングハイ」は60分歩き(走り)続けると 大体誰でも感じられるそうですが 私の場合は開始後40分で必ず「あ、いまだ」と感じます。 れを以前、友人に話していたらなかなかわかってもらえなかったのですが、 とても気持ち良くて、全身がふわっとする感覚です。

言うなれば夢の中をタッタッタッと進んでいくような・・・最高です! 食べる量(&そのカロリーも)多いので、なかなか体重はやせませんが 好きなものを食べても増殖しなくなりました(笑) 始める前は、口に入れるものがそのまま自分の肉に直結する気がして 年齢とともに毎日の食事がちょっと怖い、でも仕事上いろいろな味を探求し、 試さなければならないというジレンマに悩まされたこともありましたが・・・ 最近はそんなわけで快適です。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー