フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]じーめーる.comへ

自家製ヨーグルト

いま、ヨーグルトがとにかく売り切れです。


久しぶりに手作りしてみました。

これは専用のヨーグルトメーカーで作ります。


これ↓↓

Wine & Cooking 日々 ノート-ヨーグルトマシン

ただし種菌となるもとのヨーグルト(市販品)がないと作れないので

1個だけたまたま買えたときに、作りました。


要るものはヨーグルトと普通の牛乳。

ただしどちらも開けたての新鮮なもの。


熱湯で内容器を殺菌し、ヨーグルト1:牛乳10の割合でよく混ぜて、

外容器にパカッとはめ込み、6時間くらいこのまま発酵させます。


寝る前12時にセッティングし、翌朝起きるとできてます。

いつも、ちゃんとでき上がっているのを見ると、ほのぼのした気持ちになる。

Wine & Cooking 日々 ノート-ヨーグルト本体

でもできたては生温かく、よく固まってないのでもう半日くらい冷やします。


手作りのヨーグルトは、味に透明感があります。

お茶で言えば、上質なお茶を丁寧に容れて、一口飲んだときに感じるような、

透明なすっきり感というか…。

もともとがおいしいので、甘みを加えなくても

フルーツを入れるだけでたくさん食べられる。


しかも1回で1リットルとか、800㏄とかたっぷり作れるのもいいところ。


機械に付いてたレシピでは「ゼラチン入り」のヨーグルトも作れるそうで、

今度やってみたい!

お菓子のようになるのかしら・・・。