フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

フリーランスなら知っておくべき大手町の会員制コワーキングスペース「ビジネスライブラリー」

コワーキングスペース入り口の画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

10月から東京の緊急事態宣言が解除になり、また取材で出歩くことが増えました!

午前・午後と時間が空いたアポイントがあると、困るのは「空き時間、どこで仕事をしようか?」という問題。

今回はそんなときに、とても便利に使える会員制コワーキングスペースを紹介します。

大手町にある「ビジネスライブラリー」です。

(広告タイアップなどではなく、自分の個人的なおすすめスペースです!)

大手町駅ほぼ直結でアクセス抜群

都内でフリーランスで働いている人は、大半が自宅とオフィスを兼ねていると思います。

しかし、仕事のアポがあるのはたいてい銀座や丸の内、新宿などの都心部

自宅から離れていることが多いです。

そのため、ある日の1件目のアポが朝10時、次が午後3時……となった場合、パソコンを持ち出して、空き時間はスターバックスなどWiFiが通じるカフェ(電源カフェ)で作業をすると思います。

そんなときに便利なのが大手町フィナンシャルシティにあるこの「ビジネスライブラリー」なのです!

大手町駅直結で地下鉄各線とつながり、神田駅や東京駅からも歩けます。

利用料は後で詳しく書きますが、ドリンク1杯込みの税込550円/1時間です(延長は30分単位で税込275円から)。

カフェよりずーっと静かで集中できる

ビジネスライブラリーの中はこんな感じです。

座席は自由で、会社のデスクのようにパーテーションで区切られたゆったり広ーい席が完備。

しかもいいのは、カフェと比べて本当ーーーに静かなこと。

キーボードを打つ音もはばかられるくらい、シーンと静まりかえって集中できます。

スタバやエクセルシオールカフェのような喫茶チェーンも好きなのですが、仕事をしようとすると、店内のBGMで非常に気が散ってしまうのです。

ここは、パーテーションで区切られた作業スペースと、奥は会議をできるスペースがあります。

たまに会議が開催されているときもありますが、そのときは離れた席を選べばOK。

お互い仕事モードに入っているせいか、BGMと違ってあまり気になりません。

会員制なのでいろいろ安全

ビジネスライブラリー内観の画像

そしてカフェとの最大の違いは、ここは入会審査(ゆるめ)がある会員制であることと(登録料に初回660円かかり、年会費は無料)。

入り口にはスタッフが常駐していて、会員証を見せないと入館できないシステムです。

なので短時間なら、安心してパソコンやカバンを置いて席を立つことができます。

ちなみに画像に写っていませんが、電源は一人最大6個くらい同時利用可能!

ドリンク一杯無料になる!

カフェの外観の画像

隣接するカフェのドリンクが一杯無料

さらに、同じフロアにある「カフェ・リシオ」のドリンク(ラージサイズ)が一杯無料になります!

スタバでラテのトール1杯を頼めば税込418円ですが、ここならシーンと静まり返り、WiFiばりばり&電源一人6個、ゆったり座れるシートを自由に使えて1時間550円。

結局お得だよなーと毎回思います。

ビジネス書も無料で読める

金持ち父さん貧乏父さん

ビジネス“ライブラリー”という名前なので、経営やエネルギー関連の一般書や官公庁の統計資料(6万冊)、ビジネス誌(700タイトル・4万冊)も自由に読めます。

これらの閲覧目的で利用してもOK。

「金持ち父さん 貧乏父さん」のような、人気のビジネス書も結構ありますよ!

パソコンがなくても、ふらっとこれらを読みにコーヒー休憩するのもありでしょう。

 

ということで、今回は大手町フィナンシャルシティにある「ビジネスライブラリー」を紹介しました。

このエリアでよく仕事をされるフリーランスは、とても便利なのでおすすめです。

入会には審査がありますが、そんなに厳しくないので、まずはチェックしてしてみてはいかがでしょうか。

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

[コラム連載]『NIKKEI STYLE』(日経電子版)で記事「地方発のブックカフェが東京に 味も品ぞろえも個性的」を書きました

日経ウェブ版の記事のサムネイル画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

日本経済新聞ウェブ版『NIKKEI STYLE』で、毎月1本コラムを連載中です。

「グルメクラブ 話題のこの店 この味」というコーナーで、いまホットな食のトレンドや人気店について紹介しています。

最新回は、2021年10月2日公開の記事「地方発のブックカフェが東京に 味も品ぞろえも個性的」を書きました。

ブックカフェの最新形を紹介

「ブックカフェ」と言えば、イメージするのは蔦屋書店の横に併設されたスターバックスのような、「買う前の本をドリンクスペースに持ち込んで、コーヒーを飲みながら読書できる場所」でしょうか。

最新のブックカフェの店内の画像

しかし!今回私の記事で紹介した最新形ブックカフェ2店は、その形とちょっと違っていて、「店主が個人的にセレクトした本を、おいしい食事やスイーツともに楽しめる、しかも趣向がちょっとユニークなカフェ」なのです。

そしてどちらも東京の百貨店内にあるので、アクセスが楽!

一店目はこちら、日本橋高島屋にできたばかりの東北初ブックカフェです。

最新のブックカフェの店内の画像

本を読んでいる間、ガレットの焼ける甘くて香ばしいにおいが漂ってきます。

最新のブックカフェの店内の画像

本だけじゃなくて、こんな昭和の学校グッズもあって、それが楽しい!

 

そしてこちらは、記事中で紹介したもう一軒の岡山発のブックカフェ。場所は渋谷西武内にあります。

最新のブックカフェの店内の画像

ここはとにかくリラックスできる雰囲気。

最新のブックカフェの店内の画像

そして「映える」クリームソーダとパフェが最高!(インスタにもめちゃくちゃ上がってます)。

最新のブックカフェの店内の画像

ブックカフェなのに、「特に本好きなタイプじゃない」(?)という、オーナーの選んだ本(約1000冊)のセレクトが楽しくって!

さらにこの、「同じ本を読んだお客さん同士で、SNSでつながる(かもしれない)」という「しおりサービス」も面白い。

 

詳しくはぜひ、記事を読んでいただければ嬉しいです!本好きなら絶対ハマります!

 

日経スタイル 話題のこの店この味

地方発のブックカフェが東京に 味も品ぞろえも個性的

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com 

asanoyoko.com

[TVの仕事]9月17日放送のTBSドラマ『#家族募集します』で取材協力させていただきました

ドラマ家族募集しますのシーン

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

現在放送中の金曜ドラマ#家族募集します』(TBS)の第9回(9月17日放送分)の一部のシーンで、取材協力させていただきました。

www.tbs.co.jp

食の記者と、フードカメラマン(仲野大賀さんが演じる、昔の蒼介)が「にじや」を訪れた時の回想シーンがあり、その監修です。

ドラマの最初に流れる出演者クレジットで、名前を出していただきました。

本当に一瞬ですが……(^^;

今まで自分がテレビ出演したことは10回くらいありますが(過去のテレビ出演まとめ)、すべて食のバラエティーやグルメ番組で、ドラマに関わるというのは初めて。

なかなか面白かったです!

ほんの数十秒のシーンも綿密なドラマ制作

ドラマ家族募集しますのシーン

冒頭のクレジットロール「取材協力」で名前を入れていただきました

ちなみに私が監修したシーンは、1時間のドラマ中のほんの数分(数十秒?)でした。

しかし、そんな一瞬のシーンのためにも、外部の監修者をきちんと入れていることに驚きました。

放送する回の一カ月前くらいから何度かやりとりを重ねて、さらに私の名前をクレジットに載せていただく際の細かい確認や、「ご協力いただいたシーンを、明日の回で放送します」とわざわざ電話して教えてくださるご配慮ぶり……

ドラマ制作のお仕事って本当にすごいなとあらためて感じ入りました。

ジャニーズが大好きだった亡くなった母、娘の名前がドラマに出たこと、天国で喜んでいてくれるかな……(笑)

ちなみにこうしたご連絡もすべてこのブログからです。

ブログは本当に、24時間働き続けてくれている、立体名刺なのだなーと改めて思います。

フリーランスのみなさん、ぜひブログを書きましょう!

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

[レポート]フランス人が大好きなチーズ、「コンテ(comte)」を年齢別に食べ比べしてみた

コンテチーズの画像

熟成期間によって味や香りが違うコンテ(comte)チーズを試食

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

8月2日に行われたフランス・コンテチーズ生産者協会の食品関係者向けセミナーに参加しました。

今回は、そのレポートです。

セミナーと言っても、東京は緊急事態宣言が始まってすぐの時期だったので、自宅にいながら、オンラインで受けたものです。

1000年以上前から造られているフランスの代表的チーズ

コンテチーズって食べたことはありますか?

アルプスに近い、フランス東部のジュラ山地で1000年以上前から手作りされているフランスの代表的チーズです(ハードタイプ)。

成城石井やカルディ、デパ地下のチーズ売り場で売っています。

手のひらの半分くらいのサイズのブロックで、800円くらい。

決してお安くはないですが、切って食べるとホクホクした栗のような食感で、味がすごーく複雑で、おいしい!

フランスでは、こうしたチーズなどの伝統食材やワインに「原産地呼称保護制度(AOCAOP)」という呼び方を付けて保護していますが(代表的なのが「シャンパーニュ」)、コンテはAOPチーズの中で最大の生産量を誇るそうです。

熟成期間で味が変わるコンテを食べ比べ

コンテチーズの画像

今回のセミナーはオンラインだったので、参加者には事前にクール宅急便でこんなチーズが届けられました。

手前から

・2歳(熟成24カ月)

・1歳半(熟成18カ月)

・1歳から1歳半(熟成14〜18カ月)

と、熟成期間別のコンテが3種類。

チーズは、熟成させることであの味が生まれますが、何ヵ月熟成させるかはそのチーズによってルールが決まっています(コンテは最低4ヵ月、最高24ヵ月)。

コンテの画像

30分以上常温に置くと一番おいしく食べられるとのことで、セミナー開始前に冷蔵庫から出して包装紙をはがします。

でもでもこれだと、「どのチーズが何歳なのか」わからなくなっちゃうので、

コンテチーズの画像(ふせん付き)

原始的ですが、ふせんで年齢をメモ(笑)

コンテチーズとパソコンの画像

それをパソコンの前におき、セミナーのZoomリンクを開いて、これでばっちりセット完了!

「世界最優秀フロマジェコンクール2015」の優勝者、デグレさんが解説!

コンテチーズのオンラインセミナーの様子の画像

セミナー開始後は、「世界最優秀フロマージュコンクール2015」の優勝者でチーズのスペシャリスト、ファビアン・デグレさんがフランスから解説。

コンテチーズの原型は、デグレさんが指差している巨大な円盤で、私の手元にあるのはそれを小さくスライスしたものです。

コンテチーズはジュラ山脈で作られますが、産地は2,300平方キロメートル。

東京都(2,191平方キロメートル)より大きい広大な場所で、自由に育った牛のミルクを使うので、牛が食べる植物や、コンテが仕込まれる季節によっても味が多様に変わるとのこと。

さらに熟成をかけ、年齢別に複雑に変化したこのコンテを、ファビアンさんの説明を聞きながら、それぞれ試食しました。

1cm幅くらいの太い棒状に切ってかじるのが、一番コンテを楽しめる食べ方だそうです。

  • 一番若い1歳半以下のコンテ(左)は、弾力があってミルクの風味が強め。
  • 真ん中の1歳半は色がやや黄色く、香りがフルーティー。食べると少しじゃりじゃりっとした食感を感じました。
    このじゃりじゃりは、コンテ特有のアミノ酸の結晶です。おいしいー。
  • 年長者(?)の2歳のコンテ(右)は、弾力がなくボキッとすぐ折れます。でも熟成感が強く、こっくりしたうま味が口の中で長ーく続くんですねー。
    香りも焦がしバターのような深い風味。じゃりじゃりもたっぷり。

このコンテの味は、正式には83種類もの表現方法があるそうです!ワイン顔負け!

フランスでは意外にも「熟成の若いコンテがよく食べられている」?!

しかしファビアンさんの説明で面白かったのが、「日本では24ヵ月など長期熟成のものありますが、フランスでは若い18ヵ月熟成の方がよく食べられています」ということ。

私の印象では、やっぱり熟女(笑)のコンテが一番味わい深いと感じ、実際にチーズ売り場で買うときも熟成期間が長い方が値段が高くなっているのですが、そうか、フランスでは若い方が好まれるかと。

日本には、フランスから数ヶ月かけて船便で運ばれてくるという事情もありますが……

要は「フランス産チーズ」というと日本人は大事に少しずつ食べがちですが、フランスではごくごく日常品なのですよね。

カルシウムやビタミンも豊富で栄養たっぷりなので、子どもがおやつにも食べるそうです。

 

ということで、約1時間半くらいのコンテチーズセミナー、たっぷり堪能しました。

こうしたセミナーは大体レストランで行われるのが普通なので、リラックスしながら自宅で受けたのは新鮮でした。

コンテチーズ、見つけることがあったらぜひ試しに買ってみてください。

切ってそのまま食べたら最高のワインのつまみ!

グラタンやホットサンドなど料理にも使えるそうです(ちょっともったいないけど)。

コンテチーズ生産者協会 公式Instagramにも、いろいろな食べ方が紹介されてます!

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com

 

 

[メディア出演]丸亀製麺×TOKIO松岡さんコラボ『トマたまカレーうどん』記事への出演&執筆をしました

丸亀製麺新商品の記事の画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

9/3に丸亀製麺×TOKIO松岡昌宏さんが共同開発された新商品『トマたまカレーうどん』が発売となり、それを一足先に食べたレポート記事を書きました(広告タイアップです)。

『トマたまカレーうどん』たとえようのない新味でした

私が書いた記事のリンクはこちらです↓

『辛いのにまろやか、濃厚なのにスッキリ』普通とは少し違う秋の新味がハマる丸亀製麺×株式会社TOKIO松岡昌宏さん共同開発の『トマたまカレーうどん』を食べてみた

https://news.livedoor.com/article/detail/20768418/

news.livedoor.com

丸亀製麺新商品の記事に出演したときの画像

こちらの記事↑↑にも書きましたが、このカレーうどん、トマトに卵、炒めたにんにくとしょうが、クリーム、カイエンペッパーなどを使った複雑なレシピで。

「バターチキンカレー」のような不思議な辛ウマ味……丸亀製麺のうどんの強い食感と併せて、あと引き感がすごかった!

しかし、このたとえようのない新味。

おいしいのは当然なのですが、これをどうやって表現し、読んでくださった人に「食べてみたーい!」と文章だけで強烈に思ってもらえるかが、フードライターとしての腕の見せ所で。

「おいしい」「うまい」「美味」といった直裁的な表現は一回も使わずに、4000字弱くらいでレポートしてみました。

かーなり楽しかったです!

撮影は都内某所の秘密の?キッチンで

丸亀製麺のテストキッチンの入り口

ちなみにこの記事、フードライターとして『トマたまカレーうどん』を試食、取材して書くだけでなく、私自身も記事中にたくさん出演しました。

撮影が行われたのはこちら、都内某所にある秘密の?丸亀製麺のテストキッチンにて……。

※以下、すべて許可をいただいて撮影しております。

丸亀製麺のテストキッチンオフィスビルの一室に、こんな場所が突然あります。

消毒や各種の入管手続きを経て入ってみると……普通の街中にある丸亀製麺のお店がそのまま、再現されていてびっくり!

丸亀製麺のテストキッチン

メニューボードも、お店とまったく同じです。

とても楽しいお仕事でした。

『トマたまカレーうどん』はなくなり次第終了の数量限定商品!

辛いものOKな方はぜひ〜!

テイクアウトもできます。

 

私が書いたレポート記事も読んでいただけたら嬉しいです↓↓

「辛いのにまろやか、濃厚なのにスッキリ」普通とは少し違う秋の新味がハマる! 丸亀製麺×株式会社TOKIO松岡昌宏さん共同開発の『トマたまカレーうどん』を食べてみた - ライブドアニュース

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

[メディア出演]『銀座百点』の巻頭座談会「贈る喜び、もらう楽しみ」に出演しました

雑誌『銀座百点』の表紙

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

1954年創刊の老舗媒体『銀座百点』の9月号(2021年9月1日発行)に出演しました。

今回はライターとして記事を執筆したのではなく、巻頭座談会のスピーカーの一人としての出演です(座談会自体はオンラインで行われました)。

座談会のテーマは「贈る喜び、もらう楽しみ〜達人に聞く、ギフトの極意〜」でした。

自粛中という非常事態での「贈り物」について語る

雑誌『銀座百点』の巻頭座談会のページの画像

1954年創刊の老舗フリーペーパー『銀座百点』

『銀座百点』は創刊60年を超える老舗タウン誌です(毎月1日発行)。

文房具店の老舗・銀座伊東屋さんをはじめ、銀座界隈の有名店の店頭で無料配布されています。

フリーペーパーの草分けとも言えるおでかけ情報媒体。

内容は銀座の名店各店の最新情報や、著名な作家さんたちの銀座にまつわるコラムなどもあって、小冊子ですがかなり読み応えがあります。

そんな由緒正しい媒体で、私が出演させていただいたのは巻頭座談会(P.10)の「贈る喜び、もらう楽しみ〜達人に聞く、ギフトの極意〜」というページ。

フランスの高級シューズブランド「arche(アルシュ)」の代表取締役高橋克典さんと、ギフトコンシェルジュの真野知子さん(真野知子 (@mano_tomoko) | Twitter)と3人で、たっぷり対談させていただきました。

高橋さんは現職をはじめ「シャルル・ジョルダン」や高級家具の「カッシーナ・エクスシー」などハイブランド企業のトップを務めて来られた方ならではの視点を、真野さんはギフトの専門家としてのいろいろなお話をされて、大変勉強になりました。

私はと言えば……持ち寄りパーティーの際の手土産の話など、調子に乗って、好き勝手しゃべってしまいました(^^;

リアルに会ったことがない方(しかもこんな著名な方々)と、オンラインでの対談ということで、最初はかなり緊張したのですが、思いのほか楽しくて!

宣言が開けたら、ぜひ「リアル打ち上げをしましょう」ということで終わったのですが……ああ、いつ開催できるのだろう。待ち遠しいです。

銀座のどこかのお店で、『銀座百点』(9月号)を見つけたら、読んでいただけたら嬉しいです。

 

『銀座百点』

http://www.hyakuten.or.jp/

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

[コラム連載]『NIKKEI STYLE』(日経電子版)で記事「工場直売スイーツなら清澄白河で 高級品がお得な2店」を書きました

日経ウェブ版の記事のサムネイル画像


こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

日本経済新聞ウェブ版『NIKKEI STYLE』で、毎月1本コラムを連載中です。

「グルメクラブ 話題のこの店 この味」というコーナーで、いまホットな食のトレンドや人気店について紹介しています。

8月分は、2021年8月14日公開の記事工場直売スイーツなら清澄白河で 高級品がお得な2店を書きました。

「コーヒーとアートの街、清澄白河」のもう一つの楽しみ方

ブルーボトルコーヒー清澄白河店の店内の画像

カリフォルニア発・ブルーボトルコーヒーが2015年に日本初上陸、1号店は清澄白河

詳しくは記事をお読みいただきたいのですが、清澄白河と言えば、ブルーボトルコーヒーのフラッグシップストアを筆頭におしゃれなカフェやアートギャラリーが多く、「コーヒーとアートの街」のイメージが強いかと思います。

が!清澄白河には、実は「都心から電車で行ける高級スイーツのアウトレット店舗」があるのです。

工場直売店なので、味は同じながら値段はお得。

清澄白河は街歩きだけでも楽しいですが、次は足を運ばれた際、おいしいスイーツをおみやげに買って帰ってはいかがでしょう。

 日経スタイル 話題のこの店この味

工場直売スイーツなら清澄白河で 高級品がお得な2店

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com 

asanoyoko.com

asanoyoko.com