フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

[レビュー]パスタ大好きフードライターがカルディの生パスタとソース2種を実食してみた(2回目)

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像
こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

今回は、久しぶりの生パスタの実食レポートです。

以前食べ比べ記事をアップした、カルディの生パスタ。

とても気に入ったので今回、別バージョンでもう2種類買って作りました!

選びきれないほどあるカルディの生パスタとソース

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

今回食べたのはこちらです。

パスタ

カルディ「生パスタ  もち麦入りスパゲッティ」

カルディ「生パスタ  フェットチーネ

ソース

カルディ「トマトガーリック」

カルディ「ボロネーゼ」

他にもまだたくさんラインナップがありますが、とりあえず今回は気になったこちらを作ってみました。

そして「どのパスタをどのソースと組み合わせるか」も迷いますが、こんな組み合わせで食べました。

「パスタソース トマトガーリック」×「生パスタ  フェットチーネ」+アスパラガス&しいたけ

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

いくらガーリックが効いていても、シンプルなトマトソースにこの弾力のある太麺は負けてしまうので、素材を少し足しました。

パスタを袋の表示通りゆでながら(塩は入れないタイプ)、下処理したアスパラも一緒に入れて2分くらいゆでます。

生パスタなので、太麺のフェットチーネでもゆで時間5〜6分で時短!

それをやりながら、横のコンロでソースの中身をフライパンで温め、薄切りのしいたけと生クリーム(一人分大さじ3)足して少し煮詰めます。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

パスタがゆで上がったら、ボウルなどでソースとからめて完成。

画像では、パセリのみじん切りと粗びき黒こしょうもふっています。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

もっちもちの食感が本当においしい。

にんにく味の力強いトマトソース。生クリームの濃厚さと、きのこの味わい深さが重なってとても合っています。

「ボロネーゼソース」×「生パスタ  もち麦入りスパゲッティ」+半熟目玉焼き

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

そして、別の日に作ったボロネーゼと、もち麦入りスパゲッティー

食物繊維が豊富なダイエット向き食材として、一時期ブームになった「もち麦」。

カルディが生パスタにしたらどのくらいおいしいのだろう、と興味シンシンで買ってしまいました。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

こちらは、まず最初に半熟目玉焼きを作っておきます。

そして沸かした鍋でパスタをゆでながら(ゆで時間4分!)、同じ鍋でソースの袋も温めます(ソースの袋をよく洗ってから投入)。

カルディの生パスタとソースを食べ比べた画像

パスタがゆで上がり、ソースも温まったらボウルでよく合わせ、皿に盛り、目玉焼きをトッピングして完成。

素朴……いわゆる「おうちのパスタ」ですね。

もち麦パスタはなかなかインパクトがあり、「ぼそぼそ」まではいかず食べやすかったですが、でも独特の強い食感はありました。

カルディの肉肉しいボロネーゼなら、この個性的なパスタでも負けていません。

半熟目玉焼きも合いました。

完食するとものすごい満足感。

ちなみに「生パスタ」って量が多く、一人分では食べきれないくらいの量が入っているのですが、カルディの生パスタは控えめのポーションなので女性にもおすすめです。

 

というわけで、今回はカルディの生パスタの実食レポート(第2回目)をご紹介しました。

生パスタはすぐゆで上がる時短料理で、今はソースも充実しているので本当におすすめ。

いろいろ食べ比べてカルディの生パスタはとってもおいしかったので、まだ食べていない方、ぜひ一度お試しを!

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com 

asanoyoko.com

[道具話]「こんなの欲しかった!」ジャーナルスタンダードファニチャーで見つけた便利な道具3つ

ジャーナルスタンダードファーニチャーの小物の画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

取材の合間に、キッチングッズや雑貨の店を見つけては、足を運んでいます。

最近では『業界の垣根』が本当になくなり、ハイセンスなアパレル業界の専門店が、飲食やインテリア業界にも進出し、おしゃれな道具を扱っているのをよく見ます。

今回は、アパレルブランドのジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)がやっている、ライフスタイル雑貨の専門店「ジャーナルスタンダードファニチャー」で買った、魅惑の道具3つを紹介します。

※広告費、紹介料などは一切いただいておりません。

すべて浅野個人の主観です。

baycrews.jp

1.オリーブウッドのカッティングボード

ジェネラルスタンダードファーニチャーの小物の画像

まずこちら、ずっと欲しかったオリーブウッドのカッティングボードを買ってしまいました。

2年くらい前に、池袋のある肉バルを取材した際、このオリーブのカッティングボードにずらりと「肉寿司」が盛り付けられているのを見て以来、ずーっとほしいなーと思っていました。

オリーブウッドの商品は、この独特の風合いと、耐久性を兼ね備えています。

しかし高くて、なかなか手が出ない(涙)

ですが!7月はどの店もセール期間で、20パーセントオフになっていたので、見つけて即買い。

生ハムやチーズ、ドライフルーツ、スライスしたパンを盛り付けると、なかなかです。

2.新潟県燕(つばめ)市産、 conTe(コンテ)のざる&トレー

コンテのざるとトレーの画像

材料の下ごしらえにはずっと「角バット派」だったのですが、これもお店の売り場で手にとって、目を奪われてしまいました。

日本のステンレス商品の名産地、新潟県燕市(つばめし)発のブランド、「conTe(コンテ)」のまかないシリーズのざると丸バットです。

conteのざると丸バットの画像

このブログでもたびたびアップしていますが、私は10年以上「角バット」を愛用していました。

便利なのですが、食洗機には入れにくいのが悩み。

そしてジャーナルスタンダードファニチャーで見た、このconTe(コンテ)の丸いシリーズを見て、「これだ!」と。

conteの丸バットシリーズ

大中小の全3サイズあり、画像は小(直径14cm)と中(直径18cm)です。

薄くて軽くて、ふちの巻き込みがないので便利です。

食洗機・乾燥機OK、そして形状も、食洗機にとても入れやすいのが特徴です。

conte

材料をのせるとこんな。

軽く水洗いして、ちょっと水切りしておくと、下ごしらえが格段にやりやすい。

もう一個上のサイズ(大・直径22.7センチ)もあり、結局こちらも入手してしまったのですが、この小・中のサイズがとても使いやすいです。

3. ハンディーワイパースタンド

ハンディーワイパースタンド

そして最後は冒頭の画像のこちら。

「これ、一体なんの道具?」と思った方も多いのでは?

ハンディーワイパースタンドの画像

これは「ハンディーワイパースタンド」です。

わかりますでしょうか?

ハンディワイパースタンドの画像

こうやって使います!

ドラッグストアに売っている、長さ30センチくらいの家のホコリ取り。

ふわふわのハンディーモップです。

これを「カッコよく収納するための道具」。それだけ(笑)。

「なんでこんなモノをこだわって、わざわざ……」と思うかもしれませんが、家の毎日の掃除の大原則は、「家中のホコリをこまめに取る」こと。

リビングの飾り棚、テレビ台、キッチンの引き出しの取手、ドアノブ、ガス台の換気扇など……ふと気づくと、家の中は常にホコリであふれています。

ナチュラルおそうじ大全

私が家掃除のバイブルにしているこちらの本で、「掃除の大原則=まずホコリを取る」ことの大事さ、特にキッチンは「料理で出る油と、ホコリが結合する前に取るのが必須」と学びました。

それには「常に手の届く場所にハンディモップがあるのが必須」で、これが最適な道具だったのです。

モップを入れて、出しっぱなしにしておいても、我が家のグレー系のインテリアになじんでまったく気になりません。こういう非常にニッチな需要を満たす道具、なかなかないのです!

 

というわけで、今回は、「ジャーナルスタンダードファニチャーで買った道具たち3つ」についてご紹介しました。

お店によっては、まだ扱っていて、セール品になっているかもしれません。

異業種のアパレルブランドが出したキッチン道具や生活雑貨かもしれませんが、デザインがスタイリッシュで活用度抜群!

同じ悩みを持つ方、 ぜひ参考にしてみてくださいね。

<こちらもどうぞ(過去記事)>

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

[ショップ]創業200年の老舗なのに新しい、銀座の煎餅カフェ「MATSUZAKI SHOTEN」

MATSUZAKI SHOTENの画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

7月21日に東銀座に移転オープンした、MATSUZAKI SHOTEN(旧店名「銀座 松﨑煎餅」)に行ってきました。

今回はそのレポートです。

江戸後期創業、200年の老舗店が移転リニューアル

MATSUZAKI SHOTENの画像
松﨑煎餅の創業は江戸時代後期の文化元年(1804年)。

卵をたっぷり使った、ほんのり甘い瓦(かわら)煎餅が目玉商品の煎餅専門店です。

MATSUZAKI SHOTENの画像
以前の店舗は銀座5丁目にありましたが、今回銀座4丁目の歌舞伎座の真横に移転し、リニューアルオープン。

店内には今までの歴史を伝えるモノクロ写真も飾られています。

MATSUZAKI SHOTENの画像

ミュージシャンでもある代表取締役の松﨑宗平さん

今回のリニューアルオープンのコンセプトは「煎餅を軸とした新たなエンターテインメント創造する」とのこと。

せんべいの専門店であり、さらに店内にカフェも併設した新しいショップです。

 

一見、老舗企業の社長に全く見えない(?)、ファンキーな松﨑さん(でも経営者として、お店や銀座の街について語り始めると熱い!)。

MATSUZAKI SHOTENの画像

のれんや店内の照明などいたるところに、テーマカラーのふじ色(紫色)が使われています。

「老舗なのに新しい」感が感じられる色です。

広報ご担当のHさんがこののれんと同じネイルをされていて、こんなモデルもお願いしてしまいました。

屋外で太陽の光が当たると、さらに美しい!

江戸時代から名物の瓦煎餅とコーヒー、スイーツを楽しめる店

MATSUZAKI SHOTENの画像

MATSUZAKI SHOTENの画像

店内には瓦せんべいを筆頭に、いろいろなせんべいがずらり。

MATSUZAKI SHOTENの画像

こちらは2020年にリリースされた「やわかたこい。」シリーズ。

私も別の取材企画で記事を書いたことがありますが、ぬれせんべいの独特の食感と濃厚な味がおいしくて好きです。

この後、自分と友人用のおみやげに購入しました。

MATSUZAKI SHOTENの画像

そして、今回店内のイートインスペースで食べたものです。

左:「宇治金時 825円」(夏季限定)

長野県産の天然氷を使った宇治金時かき氷。

右:「松﨑ろうる with ぎんざ空也(空いろ)385円」

あんこと白玉をやわらかい瓦せんべいで挟んだ“せんべいスイーツ”とのこと。

 

どちらも、同じ銀座にある老舗和菓子店「空也」とコラボした商品で、あんこと天然着色料で色付けした白玉やだんごを添えています。

おもちゃのような面白い見た目ですが、もちもちの食感、優しい甘さでおいしかった。

 

MATSUZAKI SHOTENの画像

ちなみに、訪れた当日はちょうど梅雨明け、めちゃくちゃ暑い日で………

今年初めてのかき氷でしたが、気温に合っていて最高でした!

さっぱりして頭が痛くならないかき氷です。

MATSUZAKI SHOTENの画像

店内でコーヒーだけを飲むこともOK(ホットコーヒー550円、瓦せんべい1枚付き)。

MATSUZAKI SHOTENの画像

コーヒーを飲むだけでもよし、またはギフト選びの合間に、カフェ休憩してもよし……歌舞伎座の真横という便利な立地で、幅広い楽しみ方ができるのではないでしょうか。

MATSUZAKI SHOTENの画像
歌舞伎座の本当に真横にある店舗。

カフェというより「茶屋」のイメージに近いかな?

ほっと一息つける新スポットという印象でした。

東銀座に行かれた際は一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

MATSUZAKI SHOTENのせんべいの画像

おまけ:この日自分のおみやげ用に購入したぬれせんべいと瓦せんべい。

「MATSUZAKI SHOTEN]

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

フードライター直伝「普通とは少し違うベスト体重の見つけ方」

パスタ画像

こんなボリュームパスタもよく食べてます(渋谷・桜丘のイタリアンでランチ

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

昨日公開した「取材歴20年のフードライターが教える『食べても太らないメソッド』」、多くの方に読んでいただき、リツイートもしていただきました。

 

asanoyoko.com

 今回はフードライターのダイエットメソッド第2弾、私なりの「ベスト体重の見つけ方」について書きます。

なりたい体重は計算式で出してはいけない

昨日の記事、そして今日の記事に興味を持ってくださった方は、少なからず自分の体型に不満を持っているのではないでしょうか。

「あー、もっとやせたい!」「かっこいい体型になりたい!」「10キロくらいやせたい」という願望をお持ちだと思います。

では、あなたがなりたい「ベスト体重」は何キロでしょうか?

……しーん(笑)

やせたいと常々思っていても、今の体型から最終的に何キロ減らすのが自分にとってベストなのか、案外わからない方が多いのではないでしょうか?

一般的に言われている理想の体重の計算式は

  • 健康体重(健康上、最適な体重)=身長(m)×身長(m)×22
  • 美容体重(見た目上、最適な体重)=身長(m)×身長(m)×20

です(身長150センチの人なら1.5×1.5×22=49.5キロ)。

こちらから自動計算できるのでどうぞ。

BMIで計算するから成功しない

この計算式の20や22は、ボディマスインデックス(=BMI、肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数。厚労省生活習慣病予防ののための健康情報サイト」より)です。

厚労省のサイトによればBMI22は「最も病気(生活習慣病)になりにくい数値」だそうですが、ご自分の身長で計算してみて、いかがでしたでしょうか?

ざっくりした印象として、「健康体重の式で計算するとわりとぽっちゃり、美容体重だと細すぎ」だったのではないでしょうか?

「美容」を通り越して逆に老けて見える不思議

ちなみに身長162センチの私の場合、この計算式に当てはめると、

健康体重:57.7キロ

美容体重:52.5キロ

です。

そして、現実は53キロ後半から55キロ台を日々行き来している状況です。

しかし!

一番重い55キロ後半のときでも「食べる仕事なのに、どうしてそんなに体型維持できているの?」とまわりからはなぜかほめられます。

逆に、53キロ台に近づくとどんどん骨ばっていきます。

昨年、月断(月曜断食のこと。昨日の記事参照)のアンバサダーとしてストイックに根を詰めていたときは、51キロまで落ちて「40台の女性で細すぎるのは逆に老けて見えるるからやめなさい」と、いろんな人に心配される始末。

要はですね、身長とBMIだけで出した数値上の数字にしばられるのは無意味であり、また、逆に常に「やせたい」と思っていても、案外まわりからはそこまで太っていると思われていないので、ご自分を追い込む必要はないということです。

大人は長い人生経験から持っている「ゾーン体重」を目指せ

ただそうは言っても、自分では今の体型が気に入っていないのに「〇〇さん、全然太ってないよー。やせる必要ないよー」と他人から言われると、ちょっとイラッとしてしまうものです(笑)

なので、どうしてもやせたい大人は、長い人生経験から持っている、「自分だけが知っている、なかなか良い体重」を目指してください。

上記の計算式には当てはまらない、「この体重だったときの自分が、よかった!」という、ゾーンに入った時代の「ゾーン体重」があるはずです。

私のゾーン体重は53キロ前半です。

52キロ台だと、アパレルショップで試着するとどんな洋服も着られて快適ですが、見た目がかなり「棒」になってしまうのと、パスタやスイーツ、パン、ハンバーガーなどを制限しないと維持できないので、食べるジャンルが限られ、仕事に支障をきたします。

53キロにいれば御の字。

洋服はすべてではないですがほぼ入るし、なんでも食べてもOK。

糖質系の取材が重なったり、(今は難しいですが)プライベートで食べすぎて55キロ台を突き進んできた時でも、昨日書いた断食や野菜中心の夕食でリセットする、というサイクルです。

 

ということで、今回は王道のセオリーとは少し違う、ご自分のベスト体重の見つけ方について書きました。

コロナ太りやオリンピック観戦太り?で体重増が気になってきたけれど、どんなゴールを目指していいのかわからない、という方は参考にしてみてください。

「自分の体型を自分でコントロールできている」という実感は、案外大きな精神的な支えになってくれると思います。

 

<こちらもどうぞ(過去記事)>

asanoyoko.com

asanoyoko.com

asanoyoko.com

 

 

 

取材歴20年のフードライターが教える「食べすぎても太らないメソッド」

天一 日本橋高島屋店で食べたランチの画像

天一 日本橋高島屋店」で食べたランチの画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

みなさん、毎晩オリンピック見てますか?

興奮してテレビを見ながら、ついつい余計なものを食べたり飲んだりして「あれ、お腹のあたりがまずいことになってる……」なーんて、感じている頃ではないでしょうか?

楽しいイベントには「食」がつきもので、どうしても食べすぎてしまいます。

今回は食べることが仕事のフードライターの私が、日々実践している「食べすぎても太らないメソッド」をお伝えします。

ゆるいカロリー計算や、なんとなくの栄養知識ではやせない

ダイエットや「やせる」というテーマは永遠の人気コンテンツで、私も過去に何度もメディアに記事を書き、自分で研究もしてきました。

妊婦食堂

10年近く前に妊婦さん向けのレシピ本(『妊婦食堂』ダイヤモンド社刊)を大学病院の医師たちと、女子栄養大学のダイエットクリニックの先生と一緒に作りました。

そのときは「カロリーが体重を減らすためのすべての主軸だ!」と思っていました。

しかし、それは一般の忙しい大人には当てはまりません。

定期的に通院し、プロの栄養士から栄養指導も受けられる妊婦さんはよいのですが、カロリーの知識がない普通の大人が、どれほどアプリなどを駆使しても、厳密に管理するのは無理。

特に難しいのはお酒です。

妊婦さんは生理的に飲む気が失せるので管理も可能ですが、体調的にお酒を禁止されていない人が、アプリと自分の意思で、カロリーでコントロールするのは難しいでしょう。

私も一時期かなり厳密にアプリを駆使してやっていましたが、疲れてやめました。

やせることを究極にシンプルに考えると、ベストは……

前置きが長くなりましたが、私がここ2年半実践している「食べすぎても太らない」方法は「定期的に食べない」こと、つまり断食です。

週1回だけ、わざと取材を入れない日を設定し、朝から夜まで水だけで通します。

フードライターの先駆け、山本益博(ますひろ)さんもご著書で「普段食べることの連続なので週1回は夕飯をとらず、ワインだけ飲んで寝てしまう」と、プチ断食を習慣にしていることを書かれていましたが、私がやっているのはもっとシンプルに1日実践する方法です。

時々「いやー、今日は無理!」と途中で食べてしまう日もありますが、2019年2月から始めてもうすぐ2年半になるなか、失敗した日は8回(8/125)くらいです。

断食は本当にシンプルで、細かいカロリーやら、「この1食には炭水化物や脂質が」、などと一切考えず「朝起きてから寝るまで今日は食べない」を実践するだけなのでとてもラクです。

そしてその日はお酒も飲みません。

朝から食べ物を摂らないと、お酒も飲む気がしなくなります。

すると、普段からお酒をやめられない人は、必然的に休肝日も設けられるのです。

翌朝はプレーンヨーグルトと果物で復食し、昼はドカ食いせず、夜も軽め(野菜スープやサラダ、味噌汁、豆腐料理など野菜・豆製品だけで完結、お酒はあり)にしましょう。

翌日以降は食べすぎに注意して普段の食事に戻し、また週1回断食を繰り返します。

デメリットよりメリットを知ってほしい

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! (文春e-book)

2年前からこの週1断食を実践するようになったのは、文藝春秋社のベストセラー「月曜断食」を読んで「なるほど!」と思ったからでした。

月曜断食(通称「月断」)のメソッドに感激した私は、非常にストイックに実践し、40 代半ばにして割と楽に9キロの減量に成功したのですが、やせたこと以上に、断食で体調がよくなったことにとても感激しました。

具体的には

・よく眠れるようになる

・美肌になる

・腸の調子がものすごくよくなる(もともと便秘体質ではなかったのに、です)

・断食をした翌日以降、ストレスがなくなる

と、体調面でのメリットが非常に多いのです。

特に効果を感じるのが「腸の調子のよさ」です。

断食の当日か翌日、お通じがあると「自分の体(内臓)がすっからかんの、空っぽ」になったのがわかります。

「食べすぎて苦しい」「あー、食べなきゃよかった」という、いやーな大人のあの感覚と、真逆のすっきり感が訪れます。

これは本当に快適。月曜断食OGとして2020年の1年間、公式アンバサダー(NO.17)も務めてしまいました。

食事リセットは令和の大人の新常識?

2年半前から週1断食を実践するようになってから、友人知人、おそらく200人以上(?)今日書いた断食のメリットを伝えてきました。

みんな非常に興味は持ってくれるものの、実際に実践した人は、私の知る限り3人だけ。

ほとんどの人が「丸1日食べないなんて絶対無理」「耐えられる自信がない」と試してもくれません(笑)

でも人生100年時代、自分の体を長持ちさせるには、定期的なリセットが絶対必要だと思っています。

サステナブル(持続可能)が令和の新常識になっている今、自分の体も定期リセットにすることが、本当の意味でもサステナブルではないでしょうか。

興味を持った方、ためしに明日1日やってみてください。

1日で体がリセットされる実感が得られるのではと思います。

[おしらせ]本日から記事更新の時間をフリーに変更します

ステンレスザルの画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。

毎朝10時に記事を更新してきましたが、Google アナリティクスで見ていると本当にその時間の定期更新が意味があるのか?と思えてきたため、今日から時間を変更してみます。

1日のうち1回は更新しますが、時間は10時で固定せず、フリーにします。

お手数ですが、適宜見に来ていただければ幸いです。

ちなみに画像は、最近見つけた便利なキッチングッズ、新潟県燕市産のステンレスざる&ボウルシリーズ「conte(コンテ)」です(写真は小130と中180)。

センプレホームcotogoto(コトゴト/高円寺のキッチン道具専門店)などで売っています(Amazon楽天では買えないみたいです)。

ではまた、お待ちしております!

[レストラン]『ミシュランガイド東京2021』二つ星フレンチ「リューズ」へ(六本木)

リューズの料理の画像

こんにちは、フードライターの浅野陽子です。 

今月初め、緊急事態宣言前に『ミシュランガイド東京 2021』で二つ星獲得の六本木のフレンチ『リューズ(Ryuzu )』に行ってきました。

今回はランチで訪問したレポートです。

シェフはロブション系列店出身、2013年から連続で二つ星獲得

フレンチレストラン リューズの外観の画像

フレンチレストラン リューズの外観の画像
六本木駅乃木坂駅の中間くらい、徒歩10分弱くらいにあるフレンチです。

シェフの飯塚隆太さんはロブション系列の店をいくつか経てラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションシェフを勤めたのち2011年に独立、リューズを開業。

翌年2012年にミシュラン一つ星、2013年から毎年二つ星を獲得されています。

フレンチレストラン リューズの外観の画像

店内はラグジュアリーな雰囲気。

コロナ禍でずーーーっとうつうつした気分が抜けなかったので、こういう空間で気の合う友人と食事をする、というだけでも晴れやかな気持ちになります。

緊急事態宣言前だったので、料理に合わせたワインペアリングも少しいただきました。

7月のコースは梅、鮎、パイナップルで夏らしく

店のナプキンの画像
「食材に最大限の敬意を払い、丁寧に仕立てる料理」が飯塚シェフの料理のコンセプト(公式ウェブサイトより)。

旬の和素材も多く取り入れるのが特徴だそう。

今回は7月頭の訪問で、梅や鮎、パイナップル、桃など夏らしい素材がたくさん登場しました。

では順番にいきます。

アミューズ ブーシュ(朝採れとうもろこしのスープ、グリーンオリーブを練り込んだマドレーヌ)

リューズの料理の画像アミューズ ブーシュとは、軽めの前菜のこと。

とうもろこしの冷たくなめらかな舌触りと、かわいいマドレーヌに、一気にワクワクしてきます。

リューズのワインの画像

BILLECART-SALMON BRUT RESERVE

乾杯はシャンパーニュで。

リューズのパンの画像

パンとバターも出てきました。

このパンがおいしかったー。

雲丹のフラン 滑らかなフヌイユのクレームと共に

リューズの料理の画像

前菜2つめは温かくクリーミーな卵料理。

リューズの料理の画像

とろっとしたフランを食べ進んでいくと、ウニが現れます。濃厚〜!

穴子ベニエと茄子野菜のマリネ ミョウガのアクセントで

リューズの料理の画像

アナゴのフリット、ナスのマリネと一緒に。

ミョウガのシャキシャキした食感と香りが、夏を感じさせます。

フランス産 鴨フォアグラのソテーに南高梅のコンフィチュールと共に

そしてこの料理、不覚にも写真を撮り忘れてしまったーーーー。

フランス産の鴨のフォアグラと桃のソテーに、南高梅のジャムがかかったもの。

これ、最高においしかったです。

リューズのワインの画像

NICOLAS JOLY SAVENNIERES LES VIEUX CLOS 2018

ワイン2杯目はロワールの白。酸がエレガントで、ナッツやフルーツのような香り。

鮎のクルスティアン 胡瓜と生姜のコンディメント 緑胡椒風味のエッセンスソース

リューズの料理の画像

魚料理は旬の鮎。

パリパリに焼かれた鮎を、なすのピュレや蓼(たで)のソースと。

目で見て味わうだけで、夏の空気が吹き抜けるような料理でした。

上の黄色の野菜はコリンキー(生食かぼちゃ)です。

こちらもパリパリした食感が楽しい。

リューズのワインの画像Pavillon de Leoville Poyferre 2014 A.O.C Saint-Julien 

最後の赤ワイン、レオヴィル・ポワフェレ。

ボルドーの格付2級AOCです。

高知産 四万十麦酒牛 ランプ肉 季節野菜のソテーを添えて

リューズの料理の画像

シンプルな牛ステーキ。

ソースは焼くときに出る肉汁を煮詰めたもの。

ランプなので、ステーキというより牛の刺身をいただいているような、やわらかい食感です。

アヴァンセール(すいかのゼリー、塩レモンのシロップで)

リューズの料理の画像

冷たーくて、つるっとしたのど越しの口直し。

パイナップルのムースをムラングに詰めて ココナッツソースとバジルのソルベ

リューズの料理の画像

メレンゲの器に入った、パイナップルのムースとバジルのシャーベット。

下にはココナッツのソースがしいてあり、カクテルのピニャコラーダを料理にしたようなデザート。

どこまでも爽やかです……

食後の飲み物とミニャルディーズ

リューズの料理の画像

フィナンシェやクッキー、パッションフルーツのゼリーを、最後の飲み物(コーヒー)とともにいただいて終わり。

意外とカジュアルな雰囲気、30〜40代の男女客中心

リューズの内観の画像

全体的にインパクトのある料理が多く、この空間の中、非常に満たされた気分になりました。

ただ他のミシュラン星付きフレンチと比べると、全体的に客層が若め(30〜40代)だった印象。

この日は暑くて、繊細なデザインだったもののサンダルを履いていってしまったのですが、問題なし。

接客も含め、カジュアルでリラックスできる雰囲気でした。

そしてランチでの訪問だったので、ワインも飲んで税サ込み17000円でした。

いろいろお得だと思います。

カウンター席もあるので、一人で行っても気後れせず楽しめるでしょう。

「リューズ(Ryuzu)]


 

 

<こちらもどうぞ(過去記事)> 

 

asanoyoko.com

asanoyoko.com 

asanoyoko.com 

asanoyoko.com

 

asanoyoko.com