食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

年末シドニーの旅③

最終日は夜シドニー発→翌朝東京着、の便だったので

日中はまた活動できました。

と言っても、やっぱり海外旅行の最終日ってそれなりに疲れてるんですよね…。

ということでホテル近くの公園を家族で散歩。のんびり。

1月1日ということもあり、街中もほとんど店が閉まっていたというのもありますが…。

浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3797

きれ~いな公園。

バラ園やきちんと手入れしてある芝生、森、植物園などもあって

みんな思い思いに散歩したり、寝っ転がったり、男性は上半身裸になって

日光浴したり(真夏なんで)・・・のんびり過ごしてます。

こういう時間の過ごし方が、欧米人は上手だな、と思う。

日本とは違う、まぶしい太陽の光もあるからか…そんな「休息の姿」ですら、輝いて見えました。

夕方、空港へ。

時間があったので買い物したり、腹ごしらえを。

いろいろ見てて、思わず買ってしまったのがこれ。「チキンクリームパイ」。

浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3802

シドニーに住んでた頃の、学生時代の思い出の味です。

鶏肉ときのこのクリームシチューみたいなソースが、熱々のままパイの中に詰まってます。

オーストラリアの学校の売店では、たいてい売ってる定番。

日本で言う、コンビニの「ツナマヨおにぎり」みたいなものでしょうかね。

昼休みによく食べたなぁ。

そして飛行機へ搭乗。

ラッキーなことに、エコノミーのはずが、オーバーブッキングで

家族全員「プレミアムエコノミー」になっていた!

浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3828
浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3816

プレミアムエコノミーの定義は、「エコノミーとビジネスクラスの中間」だそうですが・・・

はっきり言ってエコノミーとは雲泥の差。

そして限りなくビジネスに近い。

一人あたりのスペースが広いのもちろん、シートがふかふかで体を頭から足先まで包み込み、

角度の変更は自由自在。

寝るときは180度フラットにもなる。

あの椅子1個1個が、最近パナソニックかなんかで売り出した「マッサージソファ」のよう。

(実際、マッサージもボタンを押せばできる)

食事も陶器に入れて、布のナプキンを敷かれた上にうやうやしく出されるし、

離陸前からドリンクサービスはあるし、しかもエコノミーでは決して出てこないシャンパンも出るし、と

「これでもか」と差を見せつけられたのでありました。

あー快適。幸運に感謝です。

しかし難点は、次回からエコノミーに乗りたくなくなることですね(泣)

そんなわけで旅は終了。

ところで、今回シドニーは本当に物価が高く、あまり買物はしなかった。

唯一買ったのがこれ、「エミューオイル」。

エミュープレミアムオイル 150ml/トクホン

¥4,725
Amazon.co.jp

文字通り動物のエミューから獲れる油を、化粧品にしたもの。

普通に、乾燥している部分に乳液代わりに付けるのだけど、

「完治したけど、傷跡だけ残っちゃった部分」に日々塗りこむと、跡がだんだん薄くなるそうです。

浸透性がものすごくいいかららしい。

オーストラリアではこの値段より安く買えました。半額強くらい。だいたい薬局ならどこでも売ってます。

旅した時にはぜひ。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー