食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

冷蔵庫が突然…。

先週は大変でした。

よりによってこのものすごい暑さのなか、突然冷蔵庫がブレイクダウン!

なんだよー。まだ買ったばかり(3年目)なのに。

コールセンターに電話すると、またこれが全っ然つながらず、イッライラ…。

現代の生活で、冷蔵庫が壊れるというのは、一大事なのですね。

モノが室温に出しておけない今、トイレが壊れるのと同じくらい危機的状況でした。

実は料理教室の前日で、材料はすべて買ってあったため

これらをすべてパーにして生徒さんたちにご連絡してキャンセルさせていただくか、そのまま続行するか

非常に悩みましたが…

そうだ!ワインセラーに入れればいいじゃん、と我ながらいい案を思い付き、

ワインセラーからワインを全部出して、冷蔵が必要なものからどんどん詰め込む。

ワインは逆に停止中の冷蔵庫に入れた。壊れてもかろうじて冷気は残っているので、大丈夫だろうと。

絶対に傷んではいけない、料理教室用の刺身アジ3尾はワインセラーの中でも特に寒い場所に入れる。

パックの上からダメ押しで、まだ溶けてなかった冷凍庫の保冷材(大)を2つのせて保冷。

ワインというのは冷えすぎてもいけないので、普通の冷蔵庫より若干高め(最低12度)くらいの設定温度に

なっているのです。

しかも本当はワインセラーに、こういう魚とか、またチーズ、キムチなどのにおいの強いものも

いれちゃいけないのです。

アジも心配だし、ああ、このワインセラーについたにおい、ちゃんと消えるのだろうか…と動揺しながら

冷蔵庫の食材をセラーに詰め替える作業、苦痛でしたぁ。

一晩経って、かろうじてセーフ。

料理教室も無事ちゃんと終わり、その晩には冷蔵庫メーカーの人が

修理にも来て、現在、元の生活に戻りつつあります。セラーのにおいも消えました。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー