食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

ランナーと朝食必須の不思議

早いものでラン&ウォークを始めてから、なんとか丸6週間突破しました。

トレーニングした日は毎日記録を取っています。

開始直後からすると

体重は500g減、体脂肪は0.8%減、

我が家の体重計で見られる「体内年齢」は1歳減、と

おそろしいほどのろいペースですが、一応変化はしております。

ちなみにトレーニング生活を始めてから

気づいた不思議なこと・・・

私は必ず1回に60~90分歩いたり走ったりするので

結構スタミナが要ります。

なので最初は朝ごはんをしっかり食べてから行くようにしてたのですが、

前夜少なめ朝しっかり、で行くと必ず途中でフラフラにへばってしまうのです。

バタートーストなど、どんなにカロリー摂っても全然だめ。

だんだん目の前の景色が視界から遠くなり、

もう歩いても走ってもどうでもよくなるような感じ。貧血・・なのか?

そのうちたまたま、あるとき前夜に人と会ってかなり重い夕飯を食べてしまい、

朝、紅茶(砂糖入り)一杯しか飲めず、そのまま走りに行ったら

まあ快調なこと。

そして家に帰ってもあまり空腹を感じず、何も食べずに出かけて

遅めの昼ごはん(14時頃)でもじゅーぶん、おなかがもってしまい驚きました。

これを機に、夕飯をきちんと食べ、たまにはお酒も飲み、

きちんと食べて、前夜から走るためのエネルギーを貯めるようにしました。

その代り朝は紅茶(すりおろししょうがとはちみつ入り)だけにして

1日の総量を調整し、

トレーニング生活を続けてます。

で、6週間経った結果が冒頭のデータ。

ダイエットってなんなんでしょうね?

私の体質が変なのかな。

しかも不思議なもので、朝たくさん食べるとその日一日大食いモードで

過ごしてしまいます。

逆に昼ごはんを軽めにして、14時頃からおやつなり、ペースを上げても

夜までそんなにたくさん食べようという気が起きないのです。

朝ごはん必須セオリーの不思議…。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー