食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

ミルクティーシフォンとチョコチップシフォン

最近シフォンケーキ作りにハマってます。

数ある「家のオーブンで焼くお菓子レシピ」の中で、

最も作りやすく、失敗がなく、かつ誰にでも喜ばれるのがシフォンケーキではないでしょうかね?

浅野陽子クッキングサロン-チョコシフォン切った

卵白の泡立てさえきちんとできれば、まず失敗なし。

そして泡立ては、ハンドミキサーでやるので、

「泡立てすぎ」にだけ気を付ければいいのですよー。

注意ポイントは、乾いた布でボウルとミキサーの歯をよーくふいて、水気を取ってから泡立てること。

ピンと角が立ったらそこでやめること。

私は最初、お菓子作りを始めたとき「まずはスポンジケーキをマスターするのが基本でしょ」と

思い込んでいたのですが…スポンジは案外難しい。

ここからお菓子道に入っちゃうと、結構道のり遠いです(笑)

スポンジケーキの共立て(卵黄と卵白を分けずに泡立てること)が何度やってもうまくいかず、

泣きそうでした・・・。

でもシフォンを作ったら、初回からうまくできて、とても感激しました。

これはチョコチップシフォン。刻んだチョコレートと、カカオパウダーを混ぜ込みます。

浅野陽子クッキングサロン-チョコシフォン

最近特にはまっているミルクティーシフォン。

先に濃いめのミルクティーを小鍋で作っておき、冷まして混ぜ込みます。

浅野陽子クッキングサロン-ミルクティーシフォン

あと得意なのは普通のプレーンバニラシフォン、そしてバナナシフォン、

スパイスシフォン。

スパイスシフォンは、オールスパイス1種類を使うレシピが一般的ですが、

私はシナモン、ナツメグ、ジンジャーの3種をブレンドするのが好き。

どれも1種類だとかなり強いスパイスですが、3つを合わせるとかえって刺激感が緩和され、

ほどよい、いい調和(?)を生み出すのですよ~。

ふわふわしたシフォンにピリッとアクセントを加えてくれます。大好きなフレーバー。

あとはコーヒーシフォン、柑橘類を使ったさわやかなグレープフルーツシフォンなんかにも

挑戦したいですねー。これからの課題。

今日は作ったシフォンケーキを持って、これからテニス仲間とテニスに行ってきまーす!

そうやって自在に持ち運べるのもいいところですね♪


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー