食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

フランス・ロワールワインのイベント

「ロワール」ワインのメディア向け試飲会に呼んでいただきました。

浅野陽子クッキングサロン-ロワール2

フランスワインと言えばボルドー、ブルゴーニュが有名で

ロワール地方のワインというのは日本であまり知られていませんが、

手頃な価格で、おいしい銘柄がたくさんあります。

ロワール川流域で造られるワインのことですね。

この川は1000キロにも及ぶ、フランス最長の川。とにかく広ーい地方なので、

造られるワインも白・赤・ロゼ・甘口ワインといろいろ。

ひと口に「これ」と言えないのがロワールの特徴でもあります

(ワインエキスパート試験では、最も暗記に苦しんだパートでもありました・・・)

浅野陽子クッキングサロン-ロワール

まあ試験の情報はさておき・・・

この日、試飲したのは

Muscadet Severe et Maine (辛口白)

Rose d’Anjou (ロゼやや甘口)

Vouvray(辛口白)

Sancerre(赤)  の4種類。

浅野陽子クッキングサロン-ロワール4

私は①のミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌが一番好きでした。

浅野陽子クッキングサロン-ロワール5

ロワールの「王道」とも言えるでしょうか・・・すっきり、シャープでさわやかな酸味の白。

ちょっと日本酒のような香りも、飲み口の最後に感じます(ワインの用語で「吟醸香」と言います)。

「刺身や焼き魚、生牡蠣なんかにも合いますよ」と教わり、なるほど、食べたいー!と思いましたが

純フレンチなおつまみももちろんぴったりでした。

チーズをバケットにのせたカナッペなど。

浅野陽子クッキングサロン-ロワール3

ようじにフランスの国旗!

浅野陽子クッキングサロン-ロワール6

こういうちょこっとしたおしゃれ感の演出も、さすがフランス・・・と感じ入りますね。

「エスプリ」ですかねぇ。

ほんのり甘口のロゼ・ダンジューととろりとしたブルーチーズも合いました。

東京の真ん中で、ちっちゃなフランスの風が吹いた日でした。

ロワールワイン、これからのホームパーティーの季節などにもいいですね。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー