食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

バースデー?パエリア

昨日はいつもよりすごく早く寝ついたため、ヘンな時間に目がさえて眠れなくなってしまいました。

この時間にネットすると、検索スピード早いです。

夫の誕生日だったので、夕飯だけ豪華にしました。

豪華なおうちディナーと言えば、パエリアですかね?

浅野陽子クッキングサロン-パエリア

ル・クルーゼのパエリア専用鍋を使ってます。これを買う前はずっとホットプレートを使ってました。

ホットプレートの方が高温になるからいいのかな、と思ってましたが

この鍋を使い、最後にオーブンで焼いた方が断然おいしくできあがる!

最初に鶏肉を焼いて取り出し、同じ鍋でにんにく・玉ねぎを炒め、野菜を炒め、あさりを蒸し焼きにし、

それら全部のおいしいだしが出たところで、そのだしに水を足して、米を加えてトマトと一緒に炊きます。

米が炊けたところでオリーブオイルを足してふたしてオーブンで10分焼き、

さらにふたを外して10分。これで表面がパリッとほどよく焦げる。

結構作るの大変。

でも全部のだしがしみたご飯はほどよく蒸され、そしてオーブンでカリッと

焼き目がついて、あさりや鶏もも肉と合わせて食べると、おいしいのなんのって。

こんな料理を考えたスペインの人はえらいなーとしみじみ思いました。

パエリヤを焼く間に作った(というか切った?)おつまみ。

刺し身用かつおのポン酢がけ。

さくで買ってきたかつおと、きゅうりを切って、ポン酢と炒り白ごまをかけただけ。

ポン酢は酸っぱさが強めのタイプの方が、かつおの臭みを消してくれてよく合います。

きのことじゃがいものクリームシチュー。これはその前日の残り物ですが。


浅野陽子クッキングサロン-スープ

しっかり温め直して、最後にブラックペッパーをふると、

コーンスープ・クラムチャウダーなどクリーム系スープは

翌日以降でもわりと新鮮な印象で生き返ります(笑)

これらと一緒に、カリフォルニアのちょっとお高めの白ワイン開けました。

ワインをのぞく、この晩の材料費は2000円弱(@西友)。

(お米やオリーブオイルなんかは、もともと家にあったものですが)

それでも非常に高い満足感。しかもパエリアは食べきれず、きっちり冷凍したので

あと2回分くらいの昼か夜としては新たに使えます。

このコストパフォーマンスを考えると、もう外で2~3万使って外食する気になれないのです…。

準備したりお皿洗いは大変だけど、料理好きはやっぱりおトクですよね?


浅野陽子クッキングサロン-かつおきゅうり

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー