食の取材歴19年のフードライター。食のトレンドや仕事メモを書いてます。イタリアンと魚が特に好き。

スコーンとブルーベリージャム作りました

スコーン作りました。

手前3個は直径4cmの抜き型、その他は6cmの抜き型で抜いたもの。

例の、ここでも書いたフードプロセッサーを作ったら、

文字通り「秒速」で作れて驚き。

浅野陽子クッキングサロン-IMG_3505

あとブルーベリージャムも作りました。

前日から三温糖に生ブルーベリーを漬け込み、当日ル・クルーゼで20分くらい煮込んだだけ。

浅野陽子クッキングサロン-IMG_3508

焼き立てを真ん中から二つに割り、ジャムをつけて食べま~す。

熱いうちにすぐ食べるスコーンは、外側からカリッと焼けてて、中身はしっとりしていて、

ほんのり甘い。

すんごいおいしいです。一気に大サイズを続けて3個食べそうになり、慌てて2個半でやめる(同じ?)

浅野陽子クッキングサロン-IMG_3511

フードプロセッサー使うと、パイ、クッキー、タルト、スイートポテト、

シフォン(卵白の泡立て作業以外の部分)・・・と

いろんなお菓子が秒速で、確実にうまく作れるようになります。

でも今回わかったのは、スコーンはその中でもスーパー級、断トツに速く作れる。

フープロ買ったら、絶対スコーン作らないとですね。

しかしスコーンは、当日のおいしさをピークに、それから確実に味が落ちます…。

今の時期で、常温4日保存が限度でしょう。

大家族とか、飲み会いで大人数が泊まった翌朝とか、

みんなでわーっと食べる朝ごはんとかに向いているんですね、きっと。

あと、小さいサイズも案外おいしい。

カリッとする部分が多く、ひと口で食べられます。

おつまみ感覚ですね。

カレー粉とスパイスを生地に混ぜ込んで、クリームチーズをつけておつまみとして食べる、

というレシピがあったので、今度パーティーのときにでも作ろうっと。

【Recipe スコーン】

ふるった薄力粉115gとベーキングパウダー小さじ1弱、塩少々、砂糖22g、冷たいバター大さじ3を

全部プロセッサーに入れてガッガッと粉チーズ状になるまでかけ、

卵1個と牛乳1/2カップを混ぜて入れてさらにガッガッとかけ、まとめてラップして冷蔵庫で15分休息。

打ち粉(強力粉)をふった台に置いて2cm厚さにめん棒で伸ばし、型で抜いて牛乳少々をハケで塗り、

220℃オーブンで15分。


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

バックナンバー