フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライターです

年末年始シドニーの旅①

年末、26日夕方に東京を飛び立ち、朝7時にシドニー着。


シドニーの街の風景。

浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3733 浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3734

シドニーは、ひと言で言うと「ちょいダサ&ゆるめなマンハッタン」、でしょうか。


欧米風の洗練された感じはもちろんあるけど、

NYやパリほど街の人の格好はおしゃれじゃないし、もっと気楽。のんびり。

買い物するときも、日本ほど丁寧じゃないけど、日本人の英語もきちんと聞こうとしてくれるし。

海外(特にアメリカ)での、追い立てられるようなそっけない雰囲気が苦手な人は、

とても楽だと思う。


今回は私の両親、1歳半の甥っ子含む妹家族との旅だったので、

あまりレストランは行かず、ホテルで料理して食べることが多かった。

キッチン付きのホテルに滞在したので。


つねにどこか歩き回り、転びまくる甥っ子の面倒を誰かが見なきゃとはいえ、

母・私・妹と、主婦が3人いる場合の生活って楽だわ~。


初日の晩は私が調理。


ホテルから徒歩3分くらいのコールズ(スーパー)に行き、食材を買い出し。

ルフレジに戸惑う父(手)。これ、結構難しいのね!
浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3728

メニューはオージービーフを使ったステーキ。どーん。

付け合せはズッキーニとパプリカを焼いた焼き野菜と、マッシュポテトです。


母が日本からしょうゆ(小瓶)も持参。さすがっ!

本当はブランデーを使いたいところだけど、ワインで代用。

肉をジュージュー焼いて取り出し、フライパンに残った焼き汁にワインとしょうゆを落とし、

ソースを作って皿の上のステーキにじゃーっと。
浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3702


お米もスーパーで買い、超~使いにくい備え付けの小鍋でなんとか炊きました。

炊くのよりも、ザルもボウルもないので「研ぐ」方が大変で(泣)
浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-3702


食べながら、シドニーの空港で父が大量買いしてくれた赤ワインをぐびぐび。

バロッサ・バレーの名赤ワイン「ヘンシュケ」。日本だと明治屋で5000円~。

家族でこれが気に入ってます。

いやー、贅沢。でも、やっぱりステーキにぴったりです。
浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3708


食後のフルーツは、夏のオーストラリアと言えばコレ!!!マンゴーです。

肉厚で、濃厚で果肉むっちり。

マンゴーそのものが、「マンゴープリン」のような濃厚な舌触りなのです。
浅野陽子 WINE & COOKING 日々 ノート-IMG_3760 - コピー


初日から濃厚な食生活のわがファミリーでした。


Tちゃん(甥っ子)は手足口病で、ほんとに手・足・口のまわりがブツブツ。

痛がっていつも旺盛な食欲もあまり本調子ではなく、ちょっとかわいそうでした。