フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

家で作るお菓子は最高

プルーンの赤ワイン煮をはめ込んだ、パウンドケーキ作りました。


浅野陽子クッキングサロン-puru-nn


真四角な焼き型をずーっと欲しいと思ってて、やっと手に入れられた。

これはその型で作った第1号作品。


このときはバター・小麦粉・砂糖の普通のパウンドケーキで作りましたが、

後日キャロットケーキをベースにしてもう一度作ってみたら、こちらも相性ばっちり。

プルーンとにんじん、とても合うのです。


今まで私はデパ地下が大好きだったのだけれど、自分でお菓子を焼くようになってから

ほとんど興味がなくなった。

デパ地下に売っているお菓子ほどデコレーションは芸術的にできないけど、

味は自分で作った方がはるかにおいしい。


友達とお茶しながら外で食べるケーキはおいしいけれど、

デパ地下で自分の分だけ買い、家でもそもそと食べるとなんかいまひとつだなー…と、いつも思う。

いまひとつ甘くなくてもの足りないか、逆に甘すぎて、いつも満足感がないのです。


でも家で自分で作って、自分で食べるお菓子はすんごく満足感がある。不思議。


この春から、実家の母が毎月開くミセスのお茶会用のお菓子を、

私がささやかながらケータリング担当することになり、今日はその日で朝からケーキをまた作っています。

今日のお菓子はバニラ風味のレアチーズケーキと、完熟バナナとラム酒のケーキの2品。

喜んでもらえるといいなー。