フードライター浅野陽子の美食の便利帖

フードライター、食限定の取材歴20年。生パスタの専門家。執筆実績『dancyu』『おとなの週末』『日経MJ』『AERA』『NIKKEI STYLE』『TimeOutTOKYO』/書籍『おいしい無印良品』/TV出演『バイキング』『TVチャンピオン』ほか/東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部卒、ダイヤモンド社を経て独立。ご連絡は asano.yoko[あっと]gmail.comへ

バナナとラムレーズンのキャラメルジャム

昨日のバナナマフィンの記事 に続き、完熟バナナの使い切りレシピ第2弾、

バナナとラムレーズンのキャラメル風味ジャムです。
浅野陽子クッキングサロン-バナナジャム完成

バナナをジャムにする、ってあまりない感じですが、砂糖を少し焦がしたキャラメル風味が

とてもコクがあって、バナナとも合うんですよー。

ヨーグルト、トーストなどいろいろなものに使えます。


バナナを5本使うので、1本食べて余っちゃって、皮が黒くなってきちゃった…というときに

一気に使い切れるので便利です。


【バナナとラムレーズンのキャラメルジャム】

作りやすい分量・約1.5カップ


バナナ 5-6本

砂糖(できれば三温糖) 250g

レモン汁 大さじ1

水 大さじ3

バニラエッセンス 少々

レーズン 大さじ2

ラム酒 適量


1.ラムレーズンを作る。レーズン大さじ2を小さいカップなどに入れ、ラム酒をひたひたに注いでしばらくおく。

バナナの皮をむいてすべて極薄切りにし、砂糖の半量強とレモン汁と合わせ、よくなじませる。

2.小鍋に残りの砂糖、水大さじ3、バニラエッセンスを火にかけて煮立たせ、へらでかき混ぜながら

底が焦げないように、でもふつふつした状態を保ちながら約2分しっかり煮る。

3.時間が来たら①のバナナを入れ、またふつふつした状態を保ちながら、そのまま20分煮る。

ときどきかき混ぜ、アクが出たら取る。時間が来たらそのまま冷まし、保存容器に移す。


冷蔵庫で1週間~10日間程度OK。