フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライター。読書と食べることが好きで仕事になりました。取材やプライベートで訪れてよかった店(合わなかった店は書きません)、気に入った食材、私のレシピ、フードライターの日常などを書いています(仕事の実績はプロフィールを)。

エル・ア・ターブル最新号、書いてます

皆さま大変ごぶさたしております。


ちょっと報告遅れてしまいましたが、今月1日発売の「エル・ア・ターブル11月号」、

ライターとして2本記事を執筆担当しました。

浅野陽子クッキングサロン-51FAo5pUBML__AA115_


①「太陽のパワーがみなぎる、ラテンなワインで乾杯!」P.98

イタリア・スペイン・アルゼンチンのワインと、家飲み用おつまみレシピを恵比寿のバルに取材。


②「スペインの赤ワインで、気分はおうちバル!」P.114

スペイン・リオハの赤ワインと、家飲み用おつまみレシピを神楽坂のバルに取材。


読んで(もちろん、ついでに作って)おうちで楽しんでいただけたら、嬉しいです。


ちなみにお気づきかと思いますが…この2つの企画、ワインの国は若干ちがえど、

ページの主旨としてはまったく同じなのです。


長い本文中に書くべき「ワインと家飲み」に凝るとこんなに楽しい!というテーマはまったく同じ…

こういうこと、フードライター、またはワインライターとしてはよくあるのですが。

記事のアピールすべきポイントは同じながらも、

さも違う書き方とストーリーで1500字くらい、

日数の少ない中、2本分書きあげるのは結構つらいものがあります

(しかも担当のエディターさんは同じ方だったので、「言ってること両方同じじゃん」と

思われないようにしなければならない)……ですが、がんばりました(笑)


その辺の苦労(?)も、読み比べていただいただければ嬉しいです。