フードライター浅野陽子の美食の便利帖

食の取材歴20年のフードライターです

さわらのバターしょうゆムニエル

ある日の魚のおかず、

「さわらのバターしょうゆムニエル」です。付け合わせはほうれん草のソテー。


浅野陽子クッキングサロン-さわらのバターソテー


こういう「和」のしょうゆ味に「洋」のバター風味が入った和風アレンジの味、大好き。


魚には肉の独特の旨みやまろやかな味わいはないですが、魚を食べ続けると胃腸がとてもラクです。

でも塩焼きばっかりだと単純で飽きる。

ときどきこういうアレンジがあると緩急つきますね。


●しょうゆ・しょうがのおろし汁・酒各少々を合わせた漬け地にさわら2尾を10分ほど漬ける。

漬け時間は少々前後してもOK。その間に、みそ汁などを作ると効率的ですね!


●さわらを漬け地から取り出して水気をペーパーでしっかり取り、小麦粉を薄くはたく。

フライパンにバター少々を熱し、両面をこんがり焼く。


●全体的にカリッとしたらしょうゆ・酒各大さじ1弱、砂糖小さじ1、みりん少々を回しかけ、よく煮汁をからめて出来上がり。


●ほうれん草はどこかのタイミングでさっとゆで、冷水に取ってアクを抜く。

水気をしぼって根を落とし、5cm幅くらいに切る。

最後さわらを取りだした後のフライパンで軽くバターソテーして、塩・こしょう。